屋外での殺人事件が減ってるのに街頭の監視カメラが増えつづける問題をお酒飲みながら語れるといいのになって思う

こんにちは、りとですよ!

最近立て続けにエロトークをした気がするので、今日は運転中にラジオで聞いた時事問題について取り上げてブログの風紀と品位のバランスをとりますよ。

日本で起きてる殺人事件の約半数は家庭内で起きてるらしいです。

以前にもブログに書いたことがある通り、日本は戦後最高に平和な時代となってるらしいです。年間の殺人事件数は約1000件で、これは1955年をピークに年々下がり続けているそうです。

ちょっと最新のは見つけられなかったのですが、詳しく知りたい方はこの辺りを参照してみてください。

matome.naver.jp

んで、今回気になったのが、約1000件起きた殺人事件のうち、約半数は家庭内で起きているということです。2016年度は全体の52%が家庭内らしいです。

ということは「今監視カメラにうつらない家庭内で起きている殺人事件をいかに防ぐか」について本気出して取り組めば、殺人事件は一気に半減する可能性があるわけですね。

ですが、世間は「最近世の中物騒なので、オリンピックに向けて監視カメラを増やしましょう。」って風潮です。

的を外している気がします。

屋外より家庭内に監視カメラ設置したほうが効果的だ」とラジオで言ってました。その通りだなこれ!って思いました。

matome.naver.jp

まあ、夜な夜ないろんなイラスト描いてる身としては、屋内に監視カメラつけられたらぼくもこまるのですが…!!

何を優先するのか冷静に判断しなきゃならない

件数は減ったと言っても500件は屋外で殺人事件が起きてるわけですから、「これを一掃するために屋外監視カメラを増やし続ける必要はあるのだ!」と言われたら、それも必要かな、とも思います。

でも、常に監視されてる社会ってのも、なんか息苦しいような気もしないでもないです。

小学生くらいの男の子が、下校途中に通学路をそれて、秘密基地に集合する、なんて物語もフィクションの世界にしかないようなことになるのは、なんだか忍びない気がします。

「親の目を盗んで自分たちだけの秘密を持つことが、子どもの自立を促進する」なんて説もありますよね。

自分の子どもたちも、オトシゴロになったら「親に内緒でデート」くらいやるようになってもらいたいな、と思ってます(責任取れないことはしちゃダメです)

そんな少年少女の夢とロマンの青春ドラマ全てが監視カメラに収められちゃうなんて、世の中から潤いがなくなっちゃうような気がします。

ぼくらはいろんなことをちゃんと考えて選ばないといけない気がします。

なんとなく「そういう空気だから」みたいなのじゃなくて、いろいろ情報を集めて、人と話し合って、考えを深めていく必要があると思うんですよ。

しかも、この件に限らず、世の中難しい話が盛りだくさんですよね。

堅苦しく、深刻な顔して話し合うから、自分と意見が違うと死ね往ね発言が飛び交ってしまうし、「そんなこと言われるなら何も言わないよ!」って空気になるんじゃないか、だから難しい話もカジュアルにお酒でも飲みながらできたらいいのになって思います。

真面目に考えろ!って言われそうですが、「真剣」と「深刻」は違うんですよね。

これ、ぼくの好きな言葉なんですよ。

というわけで、そんな楽しいお酒の場があればいいのになー、なんて思いながらぼくのオリジナル漫画にでてくる酒場の女主人ダルーイさんのイラストを置いて今日は終わります。

f:id:rito-jh:20170622193831j:plain

ダルーイさんが登場する回はこちらです!

ritostyle.hatenablog.com

見えそうで見えないって、良くないですか?

りとです。あ、こんにちは。

今日はぱんつの話をします。

パンツ好きですか?

好きか嫌いかは置いといて、とりあえず毎日はいてます。

アラフォー男のパンツはどうでもいいですね!?ごめんなさい。

そういう系のお話が苦手な方は、今日はごめんなさいね。

ぱんつ見える絵を描いて欲しいとたまに言われます

たまに、なんですけどね、言われます。

「ありがたいなー」って思います。ぼくの絵に色気を感じてくださってるのですから。

ただ、ぼくのブログをずっと見てくださってる方は薄々感づいてらっしゃると思うのですが、そしてどこかで触れたこともあったような気もするのですが、ぼくは見えそうで見えないくらいの方がいいなぁ〜って思ってるんです。

秘密が好きです

言葉からしてもう、なんとも言えない魅惑な響きだと思うんですよ、「秘密」って。もうなんとういうか「ばいーん!」にはない、風情というか、含みというか、いろんなストーリーがある気がして、イイのです。

以前も描いたことがある通り、ホラーだって日本は「ばいーん!」より「ひゅ〜どろどろどろ…」じゃないですか。あの感じに通じるものがあると思うんですよ。

「着物」だって、ボディラインをすっぽり隠す為のデザインですよね。だから逆にはだけるとイイのです。竹久夢二さんの絵の世界とか大好きです。

同じ理由で、上目遣いもいいですね。「いろいろ考えているけど教えてあげない!」って感じが大好物です。

ん?でも、春画は「ばばばいーん!」ですね?

日本の文化と大上段に構えてみましたが、結局個人の趣味の話ということですね、お騒がせしました!

ともあれ、あえて全て描かないことで、見るものに想像させる、そして「もっとおくれ!」と思わせる絵が描けたらぼくは最高だなーって思います。

そういえば「パンツが見える。」という本がありましてね

パンツが見える。―羞恥心の現代史 (朝日選書)

パンツが見える。―羞恥心の現代史 (朝日選書)

 

これ、実は真面目な本なんですよ。

パンチラに遭遇した時に「うひょー!」ってなるのはなぜなのか?いつからなのか?ってことをかなり真剣に論じた本です。

読んで衝撃を受けたのが「もともと日本人は明治までパンツをはく風習はなく、生活習慣の欧米化にともなって秘部を隠す為に履くようになったものなので、昔はパンツ自体は見られても恥ずかしいものではなかった。」という事実です。

ではなぜ、恥ずかしくなかったものが恥ずかしくなったのか……それは、ぜひ読んでみてください!

ぼくはこれ読んで「だからブルマなんてもので体育してても当時は問題なかったわけだ!」と妙に納得した次第です。

…ところで、今の若い方はブルマってご存知なんですかね?

ぼく、中学まで女子がブルマだった世代です!

見えそうで見えない新作

というわけで、ブログに掲載している漫画のキャラ、リリスさんをいまカラーで描こうとしてるのですが、今回もこれくらいが絶妙だと思っております。

f:id:rito-jh:20170620180809p:plain

ちなみに、TOP絵を描かせてもらっているGAMEHA.COMさんとこ用に、こんな感じの絵も用意しております。

水中に「ざぶーん!」って感じの絵にしようと思ってるのですが、着衣のままにしようか、水着にしようか悩んでいます。

f:id:rito-jh:20170620180735p:plain

どっちがいいと思いますか?

 

絵が上手い人が言う「自分には才能がない」は多分本当なのだろうと思う

どうもどうも!

この休みはじっくり絵を描く時間が取れてご機嫌なりとでございます。

絵を描いてるといろんなことを考えたり思い出したりするのですが、今回は「大学時代こんなことあったなー」って話です。

四つ切り画用紙サイズくらいの絵に500万円の売り値がつく先生が「自分は才能がない」って言ってた

学生時代、ぼくが通っていた大学にいた先生の話です。

聞いた時「おいおい!あなたに才能がなかったらぼくなんかどうすりゃイイのさ!?」と思ったもんです。まだ青二才だったこともあり「大人がよく使う謙遜だな」とも感じました。

でも、多分違うんでしょうね。

「自分には才能がない」って自覚した人が、他の人より何倍も努力できるんだろうなー、って後で気付きました。

それか、しっかりした目を持ってればこそ、歴史に名を残すような大家と比べて「自分は才能がない」って言えるのかもしれないですね。

ぼくの自己評価

ぼくも高校時代、ほとんど毎日3時間以上は絵を描いてた自負があります(つまり勉強はほぼしてない)。大学でも平均すれば毎日7時間くらいは描いてました。

「どうりで!」って思ってもらえるかもしれないし、「それだけ描いててこの程度!?」って思われるかもしれないですね。

自分としては「まぁ、相応かな」って自己評価してます。

そういえば「一部の有名美大以外は行く価値なし」みたいな説もありますが、ぼくは、就職ができて、一生楽しめる趣味とそれを下支えできるだけの知識と技術をつけてもらったことを本当に感謝していて、それだけでも十分価値はあるよなー。なんて思っています。

そんなぼくのこれまでの全てを注いだ漫画の続きをどうぞ!

グランピレパ物語33話

f:id:rito-jh:20170618181333j:plain

セクシーな本やグッズを買う時に「ラッピングしてください」とか言ったことがある人の心をえぐる回となったこの漫画は、長田アニキ(id:nagatakatsuki) 主催の、参加者がオリジナルの国とキャラをつくって互いに交流するPFCSという企画にも乗っからせていただいています「グランピレパ物語」の続きです!

PFCSについてはこち

pfcs.hatenadiary.jp

ちょっと間が空いてしまいましたが、32章の続きです。

そして、このくだりをより楽しんでいただくには、序章6章21章31章→32章と読んだのち、10章を改めて読み返していただけると、今回の話がすっと入ってくるかと思います。

本当はこんな解説も必要ないくらいなるべく間を開けずに描きたいんですけど、ご容赦いただきながら次回をお待ちください!

 

以下、PFCSの内輪ネタなのですが、今回主催者の長田アニキにモブ(?)としてご登場いただきました!

それからなんちゅ (id:poke-monn)さんとこのシュン×ソラは相変わらずウチの姫の推しのカプで、売り子さんはフール (id:TheFool199485)さんとこのルビネルさんのイメージです。ルビネルさん、なんかやってても不思議じゃないかなー?なんて思いまして!

そんな感じでまた次回!

 

人間いつ死ぬかわからないのでいつもポジティブでいる

ネガティブなタイトルになってしまいましたがいつも通り気楽にお付き合いください、そんな断りから入るりとですこんにちは。

ロンドンで起きた高層公営住宅のショッキングな火災

www3.nhk.or.jp

「気楽に」とか言いながら人の生き死にがかかったニュースの話題で恐縮です。映像がかなり衝撃的ですよね…。

んで、この話題について、とあるラジオ番組で大学の研究者さんがゲストに呼ばれ

「起きるとは思えない火事でショックだった」

とコメントされてたんですね。

「省エネのために壁に埋め込まれた断熱材に引火した、消防法上必要なシュプリンクラーがなかったため鎮火が遅れ、大規模な火災になった」と分析されてました。

その後「日本では大丈夫でしょうか?」という質問に対して、

「日本の高層マンションはシュプリンクラーの代わりにバルコニーがあるから大丈夫」

とこの研究者さんが答えられたのです。

今回の火事を「起きると思えない」とおっしゃられた方が言う「大丈夫」という設備…。

正直「大丈夫か?」って思いました。

あ、「メディアに出てくる専門家は信じられない」って話じゃないんです。

日夜、最新の研究をされてる方でも想定できないような事故は起きるものなのだ、と改めて思ったんです。

なので、なんとなく生きてるぼくみたいな一般人がいろんなところで使ってる「大丈夫」なんて、いよいよアテにならないな、って思った次第です。

こうなったら、「死ぬときは死ぬわな」と腹くくって開き直らないと、日夜心配事で埋もれてしまうんだろうなこりゃ、みたいな。そんなこと思ったニュースでした。

とりあえず、バルコニーに燃えるものを積み上げてるとやばいらしいので、マンションに住まれてる方はお気をつけください。

人間いつ死ぬかわからないので「今生の別れ」のつもりでいつもお別れする

てなことがあったからってわけでもないのですが、朝の「行ってきます」は今生の別れのつもりで奥さんに言うようにしています。

「ひょっとしたらこの後事故って死ぬかもしれない」という意気込みです。

これは、中学校の時の先生がある時してくれた話で、やけに印象に残ってて、自分も結婚してから実践してることなのです。

でもこれ、改めて考えるとイイこと尽くめだなーって思うんです。

「これでお別れかもしれない」から「最高のイイ笑顔」をするじゃないですか。

もちろん、ぼくは死ぬ気がないので、次会うまで、その笑顔が相手にとってのぼくの印象になるんですよね。

これって、お得ですよね。常に相手にとって自分はイイ印象。

ネガティブなようで、とてもポジティブなことです。サラリーマンにとっては、イイことしかない!

人間いつ死ぬかわからないので、どんな相手にも「これが見納めかもね」とイイ顔で別れてみること、おすすめです。

いつ死ぬかわからないのでいつも楽しいお絵描きを

明日右手がなくなるかもしれないので(それは本当に怖い…)お絵描きもいつも最高に楽しくしたいですね。

そんなわけで最近描いてる絵の続きです。

f:id:rito-jh:20170616183047p:plain

ぼくはどうも最近髪の毛を塗るのが楽しくて仕方ないようです。

でも、もうちょっと忙しい日々が続くので、スローペースですがまた次回作も楽しみにしていただけると光栄です!

死ぬ気はないのでまた次回!

 

「楽しいことがない」は「楽しいことを探してない」とイコールだと思う

こんにちは!上から行ってくるように言われた研修会で「将来の夢」ってテーマでスピーチするように言われたので「残業のない健康的な働き方ができるようになりたいです!」と元気いっぱい答えたりとです。

今日は、いつも暖かいコメントをくださる、ファンの多いブロガーさんの円野まど (id:ma-corpus) さんの真似をした話を書きます。

詰め合わせられるエピソードを探す

まどさんは、毎週末にその週あった素敵エピソードをオムニバス形式で紹介する「日々の詰め合わせ」という記事を書かれていて、毎週ほっこりした気持ちになりながら読ませていただいてたのですが、この前の日曜日、ふとぼく思っちゃったんです。

www.ma-corpus.com

「こんな素敵エピソードが、まどさんのまわりにばっかり起きてて自分のまわりで起きてないはずがない!!」

つまりこういうことです。

まどさんの澄み切った感度良好な心のアンテナなら受信できる素敵エピソードも、ぼくのただれた心では気づくことなくスルーしてしまっているのではないか?じつはたくさん素敵エピソードは自分の周りでもおきてるんじゃないか??

なのでぼくは思いました。

「よしわかった!今週は乙女のような清らかな心と瞳で森羅万象を見つめ、素敵エピソードを探すぞ!」

というわけで、ピュアな心で2日ほど過ごしてみました。

そしたら見つけたんですよ、面白エピソード!さすがピュアリティりと!!

んでこのブログは「イラストブログ」だった気がするので、絵にしました。

f:id:rito-jh:20170614182522j:plain

 

時間がなかったので、コピー用紙にボールペンで描きました。字だけは殺人的に汚いのでタイプしましたが、とてもほっこりしました。ぼくが「くくくっ…」と笑いながらこの交差点を後にしたのは言うまでもありません。

たぶん、あの男の子の今後が全てあのワンシーンに凝縮されてるんだろうな、と思いました。

でも、良いんです。我々男どもは、皆女性から産まれてきてるのです、これくらいのバランスの方が平和なんですよね!

「楽しいこと」は「探す」

んで今回の件で改めて思いました。

楽しいことって、探さないとないけど、探すとすぐ見つかるもんですね。

大人の社交場なんかで、「最近良いことありました?」「いや全く」なんてやりとりをよく聞きますが、あれって結局自分からは探してないってことなんじゃないかなー、なんて思いました。

そういえば、幸せも歩いてこないから歩いていくんでしたね!

というわけで、これからも「ピュアリティりと」で日々を送ってみようと思います!

今日はそんなお話でした。

家飲みがしたくて自宅一階をワンルームにした

今週のお題「家飲み」

こんにちは、りとです。ブログ書こうかな?と思ったら、はてなさんが「家飲みの話、教えて!」って言うので、書こうと思ったネタは次回にして家飲みの話をします!

家飲みをすると家が片付く

家飲みのいいところって、気楽に飲めたり、外で飲むより安く飲めたり、いろいろあると思うんですが、一番いいのって「家が片付く」ってことだと思うんですよ。

「お客さんを呼ぶから綺麗にしなきゃ!」って気持ちから、ある意味、年末大掃除より気合が入ります。

「素敵なおうちですね!」と言われたい自尊心も手伝うんですよね!

一生懸命掃除して、なんなら雑貨屋でおしゃれなものを買ってきたり。「こんなに楽しく掃除できる方法はない!」って思います。

制限時間がないので気兼ねなくオタクトークができる

外で大勢でワイワイ飲もうと思うと「2時間飲み放題」とかあるじゃないですか?あれ、いいところで「そろそろ…」ってなるんですよね。んで、「じゃあ二件目行きますか!?」みたいな感じで、空いてる店をうろうろ歩いて探して、またお通し出されて「もうお腹いっぱいなんだけどな」みたいなことありますね。それもないのがいいですね!

そんなこと気にせず、最近読んだ本の話とか、見た映画の話とか、今やってる仮面ライダーエグゼイドの話とか、ずーっとしていられるのは本当に楽しいです。

え?制限時間のあるコースを頼まなければいいって?そんなお金持ちになりたい…。

自宅を家飲み用にチューンナップする

というわけで、我が家は楽しく家飲みができるように、一階部分はワンルームになりました!昔は3部屋あったのですが、壁をぶち抜きました。後で抜いたので、構造上抜けない柱があるのですが、装飾したり、ボードつけたりして、倉庫かなんかを改装した梁が丸見えのカフェっぽくなったので大変満足しています。

家飲みの一番の良いことは「仕事の張り合い」

こうやって家を綺麗にしながら、「また家飲みやるぞ!」って企画するのは、仕事のモチベーションに繋がりますね!それも家飲みする良いところだと思います。

「家飲みの日までカンバロウ」「あれ買って自慢するために金貯めよう」みたいな、そんな気持ちが仕事のモチベーションになってます。

普段は買わないような、お高いお酒や料理をみんなでお金出し合って飲み食いできるってのも、とても良いです。

家飲み、いいですね!

f:id:rito-jh:20170612062516p:plain

というわけで、次のイラストは、ぼくがブログにアップしている漫画「グランピレパ物語」の酒場のママ、ダルーイさんにしました!

ダルーイさんに色をヌリヌリして、また練習しようと思います!

ダルーイさんが登場する漫画の回はこちらです

 

ritostyle.hatenablog.com

 

「紗倉まな・野本ダイトリのどうしたらいいでしょうか?」というラジオ番組

こんにちは、りとです。

今日はたまにやってるラジオのお話をしようかなー、と思います。ラジオ好き集合〜!ラジオ好き以外も集合〜!!はい、番号っ!!

りとはインターネットでラジオを聞くradikoのプレミアム登録をしております。

radiko.jp

radiko.jp

  • radiko Co.,Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

 一応ご説明しますと、radikoは月額350円(+税)でプレミアム登録すると、全国のラジオ番組が一週間さかのぼって聴けるようになるアプリです。パソコンでも聞けます。

で、ぼくはたまにお絵描きのお供を探していろいろザッピング(ラジオでもそういうのかな?)するのですが、ふと紗倉まな野本ダイトリのどうしたらいいでしょうか?」という文化放送の番組が目にとまりました。

ちなみに、一応番組情報は下記リンク先にアップされてますが、公式サイトもろくにないこのフランクな感じが、まさにラジオって感じでまた好きです。

radioinfo.radiko.jp

AV女優の深夜ラジオ!?

奥さん一筋のぼくはAV女優さんにはちと疎く、紗倉まなさんて方も、ちょっと前に漫画と小説の雑誌「ダ・ヴィンチ」のインタビュー記事を見て知ったんですね。

「へー小説を書くAV女優さんかー、てか、めっちゃカワイイな!」と驚いたのを覚えております。

そんな女優さんが深夜にやってるラジオ番組…い、いや…見聞を広めるためですよ?多方面に渡って知識を持っている方が、絵の表現に広がりができるじゃないですか。ええそうですよ!

聞いてみたんです。

開けっぴろげなエロトークに、ぼくはクリムトの絵や浮世絵の春画を連想しました

決してディープな話ではないのですが、飲み会でちょっと盛り上がる程度のエロトークをずっと展開する番組でした。「鼻がムズムズしてくしゃみが出た」くらいの調子で、いろんな生理現象について語られます。

でも、なんかその清々しいまでの開けっぴろげトークに、ぼくはクリムトの絵画や、浮世絵の春画を見た時のような感覚を覚えました。

人の根源を余すことなく描ききって「どんなに着飾ろうが、理論を展開しようが、人間って根っこはどうしようもなく滑稽だよね。でも、そこが愛おしいよね!」というような感覚。

2年前でしたっけ?東京に春画展がきましたよね?あの時ちょうど東京に出張に行く便がありまして、ぼくついでに寄ったんですよ。あれ、本当に面白かった!あの時に感じた「面白さ」に通ずる面白さがこの番組にもあるような気がしました。

関東地方の方はこちらのサイトから聴けると思います。

radiko.jp | インターネットでラジオが聴ける

ぼくのような地方民は350円+税を払いましょう!それでも、エロが苦手な方は【閲覧注意】ならぬ【視聴注意】です!

閲覧注意どころかむしろ見て欲しい新作イラスト

f:id:rito-jh:20170609174414j:plain

前回、経過を載せたイラストを完成させました。扉絵を描かせてもらっている「GAMEHA.COM」さん提出用です。

ずっと「こんな塗りしたかったんだよなー」って思ってた塗りにかなり近づいてきた気がします。スランプ抜けるとグッと向上しますよねー!結局、どんなツールで描こうが、デッサンと色の知識とスキルですね。改めて思いました。今後とも、精進を怠らないようにしたいと思います!

調子に乗ってまたイラスト描くぞー!ぬっふっふ。