【読書感想】東京五輪を控えた現代社会の闇を書いた小説「野良ビトたちの燃え上がる肖像」

こんにちは、りとです。

また考えさせられる小説を読んだので感想を書きます。お時間ありましたらお付き合いください!

野良ビトたちの燃え上がる肖像

野良ビトたちの燃え上がる肖像

 

物語を楽しむ、というよりは今の社会の問題をフィクションで描いた社会派モノでした。気楽には読めません、でも続きが気になって止まりませんでした! 

いつも通り、核心に触れないあらすじ程度のネタバレ含みますのでお気をつけください!

野良ビト=ホームレス

主人公の柳さんは、以前は建築現場で看板を書いて働いてたのですが、事故で体を壊して派遣になり、ヤケを起こしてギャンブル漬けになった挙句妻子に逃げられ、ホームレスになり河川敷で空き缶を集める暮らしをはじめてはや20年、という人です。

冒頭は、河川敷で暮らす人々の日常や交流が描かれるのですが、ある日柳さんは穏やかでない看板を見つけます。

「野良ビトに缶を与えないでください」

結構ショッキングなフレーズです。そしてその看板を見た頃から、河川敷にホームレスが次第に増え始めます。

情報通の知り合いに聞いたところ「2年後に控えた『東京世界スポーツ祭典』のために、街を綺麗にする運動が広まっている。都心で居場所がなくなった連中がこの辺りに流れ込んでいる。」というのです。

柳さんたち古参組は、これまで周辺住民に迷惑にならないように生活してきました。しかし生きるために必死の新参者たちの行動は、次第にエスカレートしていきます。そして最後にはとんでも無いことが起こるのです。

あちこちに散りばめられた問題

生活保護が受けられない

柳さんたちのご近所さんには、生活保護の申請に行って難癖つけられ「そんなこと言うなら頼らない!」とタンカ切った人も少なからずいるようでした。そういえば、NHKの番組で貧困女子高生が炎上したことがありましたよね。その一方で不正受給している人もいるのが事実で、ずっと解決していない解決しなければならない問題ですよね。

・子連れのホームレスも登場する

読んでて本当にいたたまれない気持ちになりました。小さな子どもがホームレスってのは本当にシンドイですね。夫の暴力から逃げてきた、という母子が登場します。3年くらい前だったか、「居所不明児童生徒」(戸籍上いるはずなのに、今現在どこに住んでいるかわからない小・中学生)が全国で1000人以上いる、というニュースを見たことがあります。その後、あまり聞かなくなったのですが、どうなったんだろう?と思わされました。

・ホームレス狩りにやってきた少年の心の闇

柳さんが、あどけなさの残る少年から暴行を受けるシーンがあります。その少年は、富裕層が暮らす一帯に住んでいる子なのですが「結果を出してない奴は人間以下だ」といった趣旨の暴言を柳さんに浴びせます。これは成功者の親から「結果を出せ」と日頃言われ続けていることを想像させられます。

・頭上を飛ぶドローン

柳さんたちの住居の上をドローンが飛んでいる描写がなんども出てきます。ドローンは人が住んでいるエリアには飛ばしてはいけないことになってますよね。つまり「人とみなされていない」ということですね。そして、きっとどこかで動画配信されてるんだろうな、とか想像させられます。

「東京世界スポーツ祭典」というネーミングセンス

これ間違いなく「東京オリンピック」が元ネタでしょうが、ダサいですよね。それはそのまま、著者さんが東京五輪に対して抱いている「ダサさ」を比喩してるのかな?と感じました。(違ったらごめんなさい)

エンブレム問題やら、新国立競技場のデザインやり直し問題やら、最近ではあんまり大々的に報じられませんでしたが、現場のチーフに新卒の若手を当てがわせて過労で自殺に追い込んだり、新しい競技場に使われている木材が「輸入品」だったりと、いろんな問題が今だにちらほら出てきてますよね。

東京に決まる前からいろいろ問題を孕んでいましたが、やるからにはなるべくたくさんの人が「日本でやってよかったな」て思うような祭典になるといいな、と思ったりしながらも、地方民のぼくはどうしてもどこか「他人事」でそんな立ち位置に対しても「おい!」とツッコミを入れられたような気がした本でした。

インドアオタクは台風が来ても(むしろ来たからこそ)連休を存分に楽しめる

こんにちは、りとです。台風一過、清々しい天気になりましたね。

週末の台風で予定を狂わされ、大変でしたね…。

みなさま、お家や周辺は皆様大丈夫でしょうか?

ぼくは職場の駐車場が若干陥没しててビビりましたが、それにしても連休に台風直撃ということで、予定していたレジャーを断念された方も多いのではないのでしょうか。ガッカリ感とともに今週を迎えてらっしゃる方も多いことと思います。

また、昨日の朝、めざましテレビ見てたら「日曜に行く予定だったんですが、1日ずらして今日来ました!」なんてインタビューを拾う舞浜駅前の中継を流してたので、全国で同じことして「今日ぐったり」なお父さんも多いのだろうなー、なんて思います。

そんな中、インドアな趣味だらけのぼくは、いつも以上の充実感とともに今週を迎えさせていただきました!ありがとうございます!!

出かける予定もあったのですが「今日は無理だね」となってしまった日曜日、ぼくは文字通り「水を得た魚」状態で、以前からやろうと思っていた「水槽の大掃除」を敢行いたしました。

水槽内の機器を全て取り出し、気になっていた水草をトリミングし、石や流木についた黒髭苔の撲滅に取り組みました。

ざっくり3時間くらいは見ておいたほうがいい作業なので、普段の休日にはなかなかできず「どこかで時間を作って…」と思っていた作業だったんですよ!

いやー、綺麗になりました。「否応無しに家にいなければならない休日」がなければなかなかできないことでした。

とはいえ、室内でやるには臭い作業もありまして…。

水槽やってる方はご存知かと思いますが、黒髭苔ってのはなかなか強敵でして、今のところのぼくの最善の対策は、酢と熱湯の二段攻撃だと結論づけているのですが、家の中でこれやると酢の匂いが充満しますよね。

仕方なしに、この作業だけは外でやりました。

ええ、台風の中。

f:id:rito-jh:20170919114934j:plain

…妙な高揚感がありました。

月曜日は天気も回復し、庭の土が柔らかくなったのをいいことに、草抜きしたり、新しい花や野菜を植えたり、やりかけたまま(1年ちかく)放置していた勝手口あたりのレンガ敷きに励んだり、と優雅な1日を過ごしました。

とはいえ、残念なエピソードもあるっちゃある。

でも実は、大阪にバベルの塔見にいく予定だったんですよ。

babel2017.jp

カレンダー見ながら「もうここしかないな」と思ってたんですけどね。

ぼくはバベルの塔とは縁が無いようですね。実に平和な毎日ってことです(負け惜しみ)

過去に書いた水槽のエピソードもよければご覧ください。

ritostyle.hatenablog.com

 

単行本の巻末にある「外伝」についてあれこれ【オリジナル漫画】外伝1

こんにちは、りとです。連休はいかがでしたか!?

今日はぼくがブログで描いてる漫画のダルーイさんが主役のお話を描いたのでお時間ありましたらご覧ください。

グランピレパ物語 外伝1

f:id:rito-jh:20170918065832j:plain

この漫画はブログに不定期にアップしているオリジナル漫画で、長田アニキ(id:nagatakatsuki) が管理人をされている「参加者それぞれがオリジナルの国とキャラをつくって互いに交流する」PFCSという企画にも便乗させてもらっています。

pfcs.hatenadiary.jp

いやー、本編といいますか、主人公のパラ一行は世界を旅しているわけですが、珍道中過ぎて、もともと拠点になるはずだったダルーイさんの酒場に全然帰ってくる気配もなく「描く機会がないなぁ…」なんてぼんやり考えてたら、こんな話が浮かんできた次第です。

「まぁせっかくだし、ブログで好きに描いてる漫画だし、いっか!」

って思い描いてしまいました。

イメージ的には、アレです。

漫画の単行本の巻末に載ってる外伝というかサイドストーリー

最近だとすごく好きなのが「BLUE GIANT」のやつです。

BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル)

BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル)

 

最近何かと話題の、物語冒頭で高校生の宮本大くんがジャズに目覚めて、世界的なミュージシャンを目指すお話ですが、各巻のラストに、その本で活躍した登場人物が、どうも数年後に世界的なミュージシャンになった大くんについてインタビューを受けているシーンが描かれますよね。

もう、この物語はハッピーエンドの予感しかしない!

というわけで次の巻も楽しみで仕方ない!

むかし好きだったのが「ッポイ!」のやつです。

っポイ! 30 (花とゆめCOMICS)

っポイ! 30 (花とゆめCOMICS)

 

ぼくに少女漫画の面白さを教えてくれた作品の1つなのですが、高校受験を控えた少年少女たちの中3の秋から卒業までの、甘酸っぱくも充実しまくってる日常を描いた物語です。読み始めた時リアル中学3年生だったぼくが、完結する頃にはアラサーになってしまってたってくらいご長寿連載だったので、感情移入というか、ジュブナイルがほとばしりまくります。

この漫画は、巻末に「主役っポイ!?」という脇役たちが主役になって、童話やおとぎ話のあらすじをなぞるドタバタ劇が毎回あって、それがとても楽しかったのを覚えています。作者さん、登場人物全員をとても愛してらっしゃるのだな…と!

たまに「もっと続き読ませろよ!」って思うこともありますよね。

本編がすごくいい感じに盛り上がってる時に、残りページ数がまだまだあってワクワクしてめくったら外伝だった時は、なんというか、昂った気持ちの持って行き場に困りますよね!

でも、そうやって悶絶するのもまた漫画の醍醐味なのかもしれませんね。

「人の命」と「平等と責任」とが天秤の上で揺れている

ぼくは、車がないと生活がとても不便な地域に暮らしています。

車によく乗るので、必然的によく事故現場にも出くわします。

しかし、昔は「悲惨だなぁ」とか「痛ましいなあ」って思っていたのですが、心がだんだんと麻痺してきたせいか、ものすごい渋滞に巻き込まれるせいもあって「またかよ」「かんべんしてくれよ」なんて思うようになってしまっている自分にドキっとしてしまいました。

今日は自戒の念を込めて、事故について考えてみたいと思います。

f:id:rito-jh:20170917074158j:plain

米ヤロー (id:yaki295han)さんとこのこのキャラが最近すごく気に入っています。人体クロッキーにもってこいです!

自動運転になると事故が減るらしいですね。

もう10年くらい「なるなる」と聞いてる気がしますね、自動運転。

どうやら人間が運転するより安全らしいです。そりゃそうですよね。運転って露骨に性格やその時の気持ちが出ますよね。うっかり眠くなることもありますしね。

そう考えたら、今のAIの技術なんかを使ったほうが安全な気がします。

じゃあ、なんで自動運転にしないかって言ったら、「事故が起きた時に誰が責任を負うか」がはっきりしないからだとある記事で読みました。

平成28年度の交通事故死者数は3904人らしいですが、自動運転の車だったら助かった命があったかもしれないと考えると、早く動いたほうがいいんじゃないか?とも思う一方で、でも自分の身内が、例えば何かしら自動運転の誤作動で事故に巻き込まれたら、どこに対して怒りをぶつければいいのか、うまく想像できないな、と思うところもあります。

 責任の所在、と言えば…

アルピミストの野口健さんが以前ラジオで話されてたのですが、「災害の支援に行った時200人の避難民がいる避難所に180個のケーキが支援物資で届いたんだけど、20人分足りないから配れず返さなければならなかった」と話されてました。

これも結局、「平等に配れない」「足りないのに配った責任者」なんてのが足を引っ張ってますよね…。

平等、といえば 

殺人事件の被害者で「一家の大黒柱」と、「大富豪の妻」とでは残された家族が受けられる援助が違うそうです。これは極端かもしれませんが、いろんなパターンを並べていくと、何が平等なのかわからなくなりそうです。

 

以上、渋滞の車内でぼんやり考えてたことを改めて思い出してまとめてみましたが、ホント世の中はややこしいな、と改めて思わされますね。

それでも、考えてないといけないことのような気がします。

 ただ今日は、せっかくの連休なのに天気が荒れそうで、どうしたもんかととりあえず考えることにします。

痴漢に間違われた時のために男子が心得ておくべき嗜み

f:id:rito-jh:20170914181238j:plain

こんにちは、最近出張の多いりとでございます。

先日ラジオを聞いてたら「へぇー!」って思ったことがあったのです。何かと言うと「痴漢に間違われた時にどう振る舞えばいいか」です。

これは知らなかった!でも知っておいたほうがいい!!って思ったので今日はその話を書きます。

痴漢に間違われた時に「やってはいけない」やりそうなこと

自分の身の潔白を晴らすために、駅員さんの事務所や警察に、女性と一緒に行ってはいけないんだそうです。

なぜかというと「非を認めて同行に応じた」行動と取ることができるからなんだそうです。

驚きでした。

逃げるのが一番まずいってのはわかるので、威風堂々と「いいよ!行ってやるよ!!」って言っちゃいそうですよね。

でも、まずいらしいです。

ではどうするか

まずは「私にあなたと同行する義理はありません。しかし逃げも隠れもしませんので、必要があれば後日ご連絡ください。」と名刺を渡すのが、やはり良いようです。

しかし、相手が納得しないかもしれません。

そんな場合はこれでも「逃げた」と判断されるそうです。

そうなったら、その場で弁護士に電話をするのが最良のようです。

つまり、スマートな紳士の嗜みとして、ハンカチ、ティッシュ、いざという時の弁護士事務所が登録された電話を持ち歩く、というのが今の時代必要なのでしょう。

被害に遭われた女性の立場も考えたいな、と思いました。

無事疑いが晴れたとしても「やれやれ、そそっかしいお嬢さんだ。」で終わったらだめですよね。

ぼくら側からしたら、間違われるのはいい迷惑で「勘弁してくれよ」かもしれませんが、女性が痴漢に逢ったことは間違いないかもしれません。

もし、アラサーの人妻好きの変態にうちの奥さんが狙われたら、とか将来女子高生になった娘が狙われたら、とか考えると自分の身ばっかり守るだけじゃいけないような気もします。

そもそも

アメリカなんかに行ったら、東京の満員電車の惨状なんか一瞬で鉄道会社が訴えられるらしいです。「サービスが悪い!」と。

結局、なんでも我慢してしまう日本人の気質が、痴漢を生み出している要因のひとつになってるかもしれないってことなんですね。

いろいろ考えさせられる話でした。

では!

新作イラストと仕上げの時につくるレイヤーの話【オリジナルイラスト】

こんにちは!iPhoneXのデザインのiPadProが出たらヤバいかもしれないりとでございます。

今日はちょっと前から経過を掲載していたイラストが完成したのでその話です!

GAMEHA.COMトップページ用の新作

f:id:rito-jh:20170913163628j:plain

長いことサイトのトップ絵を描かせてもらっているGAMEHA.COMさんとこにお送りする新作です。

「ちょっと描いてみよう!」と思って取り組んでみた構図なんですが、ぼくの技術ではちょっとハードル高かったみたいです…!!ここまでいつもの3倍くらいかかってギブアップ状態です!

仕上げレイヤーの話

「どうやって塗ってるんですか?」といった質問をいただくことがたまにあります。とても嬉しいです!

趣味で絵を描いてる身ですし、企業秘密でもなんでもないので、なんとかお伝えできたらな、と思いながらうまい伝え方がいつもわからないのですが、今日はぼくのやってる「仕上げレイヤー」の話をしてみようかと思います。

↓こちらを見てやってください

f:id:rito-jh:20170913164112p:plain

この絵のレイヤーなんですけどね。だいたい全体に色が入ったら「仕上げ」というレイヤーに最後色を置いて行ってるんです。

ちなみに、仕上げレイヤーを非表示にした状態がこれです。

f:id:rito-jh:20170913164329p:plain

「仕上げ」レイヤーだけを表示したのがこれです。

f:id:rito-jh:20170913164430p:plain

わかりやすいかなー?と思い黒地にしてみました。

よく、「塗りが独特ですね!」とコメントいただけるのですが、多分このレイヤーのせいだろうな、と思うんです。

「色を散らす」って感じでしょうか。光の中に溶けてるいろんな色を見える化してやるようなイメージでやります。テキトーなんですけどね!

今回のイラストはGAMEHA.COMさんにお渡しするものなので、その後トリミングやレイヤーごとに加工されることを想定してこれ以上加工しませんが、この後レイヤーを統合して「ぼかし」ツールでグシグシすると、もっといつもの感じになると思います。

え?「選択範囲を作っておいて、ぼかしまでやった後レイヤーごとにまた分ければいいじゃないか?」って??

あーーーあーーーー、聞こえないなーーーーーーーー!!

てなわけで、何かしら参考になったりして、読んでくださった皆さんに恩返しができてれば幸いです!!

子どもをプログラミング教育の塾に通わせようと思った3つの理由

こんにちは、今日はカッコつけてブロガーみたいなタイトルをつけてみたりとです。

先日、いつも楽しく交流をさせてもらっている円野まど (id:ma-corpus) さんとこで、2020年に小学校で必修化されるプログラミング教育の話で意見交換をさせていただいて「これは記事一本書けるな…」とか思ったんで書きます!

実は息子がプログラミング教育の塾に通ってるんです。

一見「こいつは意識高い系の親だな!!」って感じがするじゃないですか!?でも、ちょっと想像してみてください。

例えば、以前から「可愛いなあ〜、デートしたいな〜。」って思ってた娘がいるとします。

とある休みの日、ブラブラしてたら街でその娘とばったり出くわしたとします。「こんにちは!」なんて挨拶をかわしながら相手の様子をよく観察すると、とても可愛いワンピースを着てることに気づきました。

あなたの脳裏には、二つのフレーズが浮かびました。

1「そのワンピース、よく似合ってるね!」

2「そのワンピースの下に履いているパンツを見せてください!」

どちらの言葉を口から出せば、その後の関係が良好になるでしょう⁉︎

たとえ本音はコッチだったとしても、突然そんなことを言ってはダメだからアッチを選びますよね。

うまく会話が盛り上がれば、

「そのワンピース、どこで買ったの?」から入って「おれ、服のセンスがないから、そういうおしゃれなのどこで買ったらいいかわからないんだよね。」と続けて「今度教えてくれる?」みたいな流れにもって行けたら、ひょっとしたらデートに漕ぎ付けるかもしれませんよね。

こんな風に「相手やまわりの反応を見ながら、目的に向かってどういうプロセスを積んで行けばいいか考えられるようになりましょう」ってのが「プログラミング教育」の狙いらしい、とぼくは解釈したんです。

そしてこの勉強にパソコンやタブレットなどを取り入れるのは、ITガジェットは決して「魔法の箱」ではないんだってことに気づかせることが目的で、プログラミングができるようになることが目的ではないようです。

以下、塾で息子がやってる内容で「これはいいな〜」って思ってることを書きますね。

今の塾に通わせる決め手になった3つの理由

f:id:rito-jh:20170912180205j:plain

 

1、クリアする課題を提示され、どうやったらクリアできるかは自分で考える

基本的には、絵を書いたり、ラジコンやゼンマイみたいなパーツを組み立てる作業をするのですが、クリアしなければならない課題を先生から言われます。「いろんな人がみんなで楽しめる公園の遊具は?」みたいなノリです。

細かな条件がいくつもあって、答えが1つじゃないことを考えるのがいいなって思います。

2、自分が考えたことをプレゼンする

日本人は人前で喋るのが苦手で、社会に出てからものすごい勢いで「コミュ力」が必要とされるようになって結構経ちますよね。「自分はこう考えた」って内容をプレゼンする機会を設けてくれているようです。

「そういうのもあったか!」とか「あれも面白いな!」みたいな「みんな違うんだ」ってのを感じられるところがいいなって思います。

3、ITガジェットの中身に興味が持てる

塾では、自分が考えて形にしたものを、パソコンを使って自動で動くように仕立て上げる活動もするようです。

今の子達って産まれた時から魔法の道具に囲まれてますよね。そして使い方もどんどんシンプルになってってるので、「あって当然」「使えて当然」になって、中身のことに興味を持つのはすごく難しいんじゃないかって気がします。

なので「世の中の便利な機器は誰かが設計したものなんだな」って改めて実感できるのは、すごくいいなって思います。

多分学校の整備は追いつかない

学校を非難するつもりはないですよ!!

だって、日本はもともと先進国で教育に割く予算が最下位の国です。

それは先進国で一番高齢化が進んでることが原因だったり、若者が選挙にあんまり行かなかったり、いろんな要因があるのでここでは一気に語れません。

しかもつい最近まで「英語教育」について躍起になってたところに突然の「プログラミング教育」です。

そんな中、小学校の先生方は一生懸命されるとおもいます。でも、多分うちの子たちが小学校を卒業するまでには、十分なインフラ整備は間に合わないような気がします。というか、整備が整った頃には「古いもの」になってる気がします。

そんなこと考えてた折、ちかくの塾の無料体験に連れてったら「楽しかった」と言うし、今も楽しそうに通っているので「いいかな」って思って通わせています。

以上、興味があり、悩まれてる方の参考になれば幸いです!

…と、

ここまで書いて読み直して気づいたのですが、最初の例え話で行けば、「恋愛趣味レーションゲーム」を一生懸命やれば、プログラミング教育について、自学自習ができそうな気もしてきました!!…このことについても、また検証が必要かもしれません…。