読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「蜜蜂と遠雷」は天才たちの友情・努力・勝利な爽やかストーリーでした。

本の感想

こんにちは。呼吸をするようにお絵描きがしたいりとです。

なのになんと愛用のペンタブレットが壊れてしまいました。いくらコードを抜き差ししようが、電源が光らないので、多分お亡くなりになられたのでしょう。

これは液タブを買えという流れなのかもしれませんが、ぼく先日新しいMac mini買ったばかりなんですよね!!

というわけで、いつもの漫画が描けないので今日は久しぶりに最近読んだ本の感想を書きますよ。

500ページを超える上に二段組みの「蜜蜂と遠雷」でも読み出したら止まりません

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

 

 パラパラっとめくると「おおう…こいつぁ覚悟がいりそうだぜ」って感じの重厚感がありますが、数ページ読んだらもう虜です。それくらい面白いのです。

あらすじはとっても簡単です。

3年に1度開催される「芳ヶ江国際ピアノコンクール」という、ピアニストになるための登竜門に参加する若者たちの、エントリーからはじまり、3次までの予選と本選、結果発表までの数日の物語です。

トーリーとしてはとっても簡単なのですが、物語の主軸になる4人のコンクール参加者がとても魅力的なんですね。

4人の魅力的主人公さんたち

1人目は謎の少年、風間塵くん。彼は養蜂家の父親の仕事を手伝っている関係で、ハチと一緒に各地を転々としています。なので、ピアノどころか家すらない、音楽学校どころか、普通の学校にも行っていないのです。

でも彼は、実は審査員たちが皆リスペクトしている、近年亡くなったピアノ界の巨人、ユウジ・フォン=ホフマンにピアノを教わっていたのです。しかも弟子を取らないことで有名だったホフマン氏が、家のない塵くんのためにわざわざ出向いてピアノを教えていたというから審査員たちは驚きです。さらにホフマン氏は今際の際に「爆弾を用意した」と言っているのです…これは塵くんのことなのか!?

 

2人目は、子供時代に「天才少女」と言われ、ジュニアのコンクールを総なめにした経歴のある栄伝亜夜さん。

しかし彼女は13歳の時に突然ピアノ界から姿を消します。

ピアノのマネジメントからプライベートに至るまで全てをバックアップしてくれていたお母さんを亡くしたからです。亜夜さんにとって、お母さんの死はピアノを弾く理由の喪失でした。その後彼女は、普通の中学高校を卒業するのですが、母の知人の有名音大の学長が、何気なく弾いた彼女のピアノの演奏を聴いて驚愕、「うちの大学へ来ないか?」となりピアノの世界へ戻ってくることになりました。

 

3人目は、かつて音大でピアノをガンガンに引きながらも、卒業後は楽器店に就職。サラリーマンとして結婚し、子供も授かって普通の生活を送っている高島明石さん。

「これでいいんだ」と思いながらもずっとくすぶっている自分の心の中のピアノに対するモヤモヤとした思いにけじめをつけるために、年齢制限ギリギリの28歳のタイミングで、コンクールに参加します。

 

4人目は、優勝候補と囁かれている、名門ジュリアード音楽院からやってきたイケメンのマサル・C・レヴィ=アナトールくん。彼は子供の頃、日本で生活を送っていますが、そこでハーフのマサルくんは「異質なもの」としていじめを経験します。そんな彼を支えてくれていたのが、近所に住んでいた女の子。

その子は、マサルの中の音楽の才能に気付き、自分が通っていたピアノ教室にマサルくんを引っ張っていきます。そこで楽しくピアノの才能を開花させていたのも束の間、突然の海外への引越し。「ずっとピアノ続けててね」という女の子との約束を守って、マサルくんはここまでたどり着きます。

 

てな4人なんですよ!

どうですか?魅力的じゃないですか?

ピアノの演奏を表現するための美しい言葉とピアノ業界に対する問いかけ?

ピアノの演奏を競う物語なわけじゃないですか。でも、本から音って聞こえてこないですよね。なので、どんな演奏なのか、言葉で表現されるのですが、それが本当に美しいのです。やばいです。これは逆に、「実際に聴こえないからこそ」の演出だなー、と思いました。ものすごい想像力が働きます。

それから、物語の軸になる4人って、音楽界に対する権威とでもいいましょうか、小さな頃から血の滲むような練習をして、そのためにたくさんのお金と時間と場所(つまり家柄)が必要で、ちゃんとした音楽の教育を受けてきて、みたいな、そういった部分から外れる場所がちょっとずつあるんですね。

その辺のことあんまり詳しくないのですが、多分意図的にピアニストになるための型みたいなところから外してるんだろうなー、と思いました。そこがまた魅力でした。

明石さんがやばい

最後に、やっぱどうしても個人的に明石さんに感情移入してしまいます。かつてピアノのコンクールで入賞したこともあるけれど、食っていく自信はなくてサラリーマンになった明石さん。普通の社会人として幸せに暮らしているはずなのに、なんかくすぶってる明石さん。これまでの自分にけじめをつけるためにコンクールに参加して、自分より若い天才たちに打ちのめされながらも、一生懸命ピアノを弾く明石さんの姿は、正直言って泣けました。

美術の大学卒業して、サラリーマンしながら細々美術展に出品してる身としては…重ねて見てしまう要素が多すぎる…。

 

いやー、過去最長の文字数になりました。ごめんなさい。読むの疲れますよね。

でも、ここまで読んでくださってありがとうございました。熱く語ってしまいたくなるようなお話だったんですよ!

お礼と言ってはなんですが、ぼくの描いてる漫画で多分一番人気の、この子の落書きを貼って終わります。全身が解るように描いたことないんですよね、彼女。

f:id:rito-jh:20170327172005j:plain

 

スピングルムーヴのスニーカーは良いです。自作漫画も良い出来です(自分的に)。

今週のお題 自作まんが

こんにちは、笑いの天使りとです。

……。

人に言われると嬉しいですが、自分で名乗るとこっぱずかしいですね!まどさんっ!!

ぼくは足のサイズが28センチの扁平足という、「履きたい靴」ではなく「履ける靴」を探さなければならない業を背負って生きているのですが、そんなぼくが出会ったスニーカーの話を前半します。後半はいつもの漫画です。

今週のお題「お気に入りのスニーカー」

スピングルムーヴの履き心地はヤバイです

スニーカーに限らず、普段使いの靴は最近こちらのブランドばっかり続けて買っています。(「続けて」っていうほど頻繁には買いませんが!)

www.spingle.jp

ぼくが「押し」と感じている良いところを箇条書きにします。

1、扁平足の28センチが履いてもすっきりスマートに見えるかっこよさ

2、履き続けても形が崩れない

3、包み込まれるような不思議な安心感のある柔らかな履き心地

4、軽い

5、地面を踏んだ時に弾力があって疲れない

特に3がヤバイです。他のスニーカーに戻れないレベルなんです。どうですか奥さん!?欲しくなるでしょう〜?

ぼくが今履いてるのはこれです。

若干お高くはあるのですが、そこは前回の記事の幸せになるための三か条に則り、勇気と希望を持って買います。

でもね、休みの日の夕方なんかに、音楽かけながらお気に入りの靴を手入れするのとかってカッコよくありませんか?もはや靴を長持ちさせるためにしているのかカッコつけるためにしているのかわからない所業です。

そんなぼくです。

今日の後半はいつもの自作漫画の続きです。

グランピレパ物語17話

f:id:rito-jh:20170325140111j:plain

長田アニキ主催の(id:nagatakatsuki) PFCS企画に乗っかっておりますオリジナル漫画です。PFCSについてはコチラから↓

pfcs.hatenadiary.jp

今回のページ、何を頑張ったって2コマ目のラシェリオさんですよ!上記企画でご一緒させて頂いてるらん (id:yourin_chi)さんがデザインしたラシェリオさんやクライドくん、描けば描くほどらんさんに愛されてるなって感じるデザインです。なのにセクハラまがいなことしてしまいました!でも、だからこそ可愛さが際立つというか…

ぼくはSなんだ!!

それにしても、きのこ料理をつくりに行くエピソードのはずなのに、いっこうに話が先に進まないよ…アニキ…! 

何はともあれ、みなさまよい休日を!

漫画を最初から読みたいと言われる神様はコチラから↓

ritostyle.hatenablog.com

もう描き始めて一ヶ月か… 

幸福度を上げるためにくだらない漫画で笑ってください

時事ネタ 自作まんが

こんにちは、りとでございます。

今年の世界の幸福度ランキングが発表されてましたねー。

www.cnn.co.jp

日本は相変わらずの結果ですな…。

明日急に餓死するような心配もなく、夜道を女性が一人で歩けて、世界一長生きできるのに、トップ10入りできない日本人の謙虚さ、ハングリーさが伺えます。

と、冗談は置いといて、忙しすぎて幸せ見つける時間がないんですよね、きっと。

ぼくはわりと幸せです。おちこんだりもするけれど、りとは元気です。

でも、幸せは歩いて来てくれないので、幸せ感じるように意識して動いてるんですよ。そんなわけで今日はぼくが何やってるかちょっと書いてみます。なんか自己啓発っぽいですな!合わない人には合わないですよね!?ごめんなさい。

幸福度をあげるための3か条

1、お気に入りのものを身につける

普段使いのものや、身に付けるものは、少々お高いものでも「気に入ったもの」だけにしときます。買うときは値段にチビりそうになることもありますが、お気に入りのものって大切にできるので、結果長持ちでコスパ良い気がします。

そしてそんなお気に入りのもので武装したときの高揚感はすごいです。装備品の価値で自分の価値も上がったような気になれます。

なんか「出来る人」になった気がするので、人生ガンバれます。

 

2、「すみません」を「ありがとう」と言い換える

普段何気なく「すみません」って言うシーンって多いじゃないですか。でも、振り返ってみると、この「すみません」って「ありがとう」に言い換えられる場面がめっちゃ多いんですよ!

で、言い換えると気分が上がります。「すみません」はマイナスをゼロにするけど、「ありがとう」はゼロをプラスにする気がします。

 

3、しょーもないものを楽しんで人と共有する

劇的に幸せなことなんて人生滅多にないです。だから「ふふっ」ってものをかき集めて「劇的〜」と同じくらいの幸せなものにするのです。これはひとりでは集めきれないので、互いにシェアすると楽です。

なので、いつもほくそ笑んで描いているぼくのオリジナル漫画もお役立てください!ぼくは自分の漫画、自分で描いて自分で笑ってます。幸せです。

グランピレパ物語16話

f:id:rito-jh:20170323101356j:plain

長田アニキ主催の(id:nagatakatsuki) PFCS企画に乗っかっておりますオリジナル漫画の、前回からの続きです。PFCSについてはコチラから↓

pfcs.hatenadiary.jp

さて今回から、らん (id:yourin_chi)さんとこの国へお邪魔させていただきます!

yourin-chi.hatenablog.jp

らんさんは、10代の頃ぼくと同じコンテンツを摂取されてきたんじゃないかな?と感じるような、そんなイラストを描かれる方です。

キャラや国も、めっちゃ丁寧につくられているので、世界観を壊さないよーに、精一杯大事に描かせていただきました!(これでも)

その証拠に、なんと制作所要時間、上の3コマ描くのに1時間! 

残りは30分です!(下書きと仕上げ込みで2時間)

ああ、ラシェリオさんを可愛く描きたい!!

 

てなわけで、皆さんに幸あれ!!

ではっ

 

第1話から読みたい神様はコチラ

ritostyle.hatenablog.com

 

カフェのように天井にスピーカーを吊るす方法を紹介するのでオリジナル漫画も読んでってください

ガジェット系の話 自作まんが

こんにちは。「あなたは何屋さんですか?」と聞かれたら「カッコつけたがり屋です」と答えるりとです。

最近は、リビングをイイ感じにして家にいる時間を充実させる人のことを「リビ充」というんだそうですね。そんなリビ充志向の皆様に、ぜひ共有したい情報があるので、それは後半の話題にしていつものとりあえず読んでってください。

グランピレパ物語15話

f:id:rito-jh:20170321172510j:plain

ふらっとこのブログに来てくださって、過去の話も読んでってくださる神様もいらっしゃるので毎回書きますが長田アニキ主催の(id:nagatakatsuki) PFCS企画に乗っかっておりますオリジナル漫画の、前回からの続きです。

コルトさんは、長田アニキのキャラです。そして粗品として登場した鮮魚もお借りしたのですが、集中線引っ張ったらイマイチわかりにくくなってしまいました…ぼくもまだまだ精進が足りませんね。

nagatakatsukioekaki.hatenadiary.jp

頑張ります。

 

漫画、一話から読んでやろうかって仏様はこちらから↓

ritostyle.hatenablog.com

 

自分でできる、スピーカーを天井から吊るす方法の話

 さて今日後半は、リビ充になるためにぼくが建築士さんから教わって「とてもよかった」と思っているもののひとつの話です。

みなさん、家にこんなタイプのミニコンポないですか?

f:id:rito-jh:20170321173629j:plain

ちょっと気取って「いい音で音楽聴きたいぜ」なんて思って若気の至りで買ってみたものの、スマホで音楽聞けるようになっちゃってから「そっちの方が便利じゃん!」みたいになって埃かぶってる、若干大きめの存在感あるタイプのヤツです。

あとですね、

カフェとか行くと、たまに天井にスピーカーを吊るしてある店あるじゃないですか。

あれって、真似したくなるじゃないですか。

そうすると、埃かぶってるミニコンポは処分して、オーディオセット買い換えたくなるわけなんですね。

でもふと思うんですよ。

「天井に金かけてがっちりスピーカーとか接続してしまって、うっかり壊れたり、買い換えたくなったりしたときどうしたらいいんだろう?」って。

んで、知り合いの建築士さんになんとなし相談してみたんです。

そしたらすごいテク教わったんですよ、奥さん!!

L型金具つかってスピーカーを天井と挟む

ホームセンターとかで売ってるアレです。 

「これでスピーカーを天井に固定できるよ」とさらりと言われました。

つまりこうです↓

f:id:rito-jh:20170321174245j:plain

※横から見た図

ウチこれやってからもうすぐ10年ですけど、スピーカーが降ってきたことありません。つまりがっちり固定されてます。(ただし、柱とか裏に木材があるところ狙ってやってくださいね)

 さらにですね、世の中には「オーディオレシーバー」という、Bluetoothつかっで他の家電でスマホの音楽を再生できる機械があるんですよね。これを、埃かぶってるミニコンポに接続するんですよ。

そうすると、先日紹介したラジオアプリの音源も、手元の簡単操作で天井から降ってくるようになるのです。

まさにリビ充!

どうですか?今すぐホームセンター行きたくなりませんか? 

リビ充になった喜びの声、お待ちしています。では!

ブログの楽しさを改めて味わったお話とPFCS連動オリジナル漫画の続き

自作まんが 音楽の話

こんにちは、レオナルド・ダ・りとです。

ごめんなさい、藤田嗣治式に名前にあやかったら絵が上手くなるかと思ったのです、調子に乗りました。

グランピレパ物語14話

f:id:rito-jh:20170319064929j:plain

長田アニキの(id:nagatakatsuki) PFCS企画に乗っかっていますオリジナル漫画の、前回の続きです。だんだんと混沌としてきました。あ、もともとか。

最初から読んでみたくなった方はコチラからです↓ 

ritostyle.hatenablog.com

 

ウチのキャラでSS書いてもらえました!

参加者がオリジナルのキャラと国をつくって互いに交流するPFCS企画なのですが、なんとグレムと殺す助がバリバリ活躍するSSを参加者仲間のフール (id:TheFool199485)さんが書いてくださいました!

thefool199485pf.hateblo.jp

これは嬉しい。

嬉しすぎてぼかぁ、挿絵を描いてしまいましたよ。

f:id:rito-jh:20170319065548j:plain

謎の生物「イナゴ豚」に乗って、殺す助に換装したボウガンで上空からターゲットを狙うグレム。ジブリ感が半端ない!

それにしても、フールさん、情景の描きかたがとてもお上手です。グレムって、袖なしのコートの裏側に工具とかをブラックジャックのように隠し持ってるイメージでデザインしたんですけどね。ぼく一度もそんなシーン描いてないじゃないですか!?なのに、フールさん、ちゃんとそのことも触れてらっしゃるんですよ。感動しました。

ぜひご一読なさってみてください!かっこいいです。

それにしても、こうやって互いの創作が交わって広がっていくって、ブログ楽しいですな!

好きな音楽の話したらオススメの音楽紹介していただきました

今日はもうひとつ嬉しかった話を。

以前「fox capture planってジャズバンドが良い!」って記事を書きましたところ、これまたいつも楽しく絡ませてもらっております円野まど (id:ma-corpus) さんから「でしたらbohemianvoodooもオススメですわよ」とコメントいただいたんですよ。(また勝手に言及させていただきました!)

ほうほう?と思いながらアマゾンのプライミュミュージックで探して聴いてみたところ、これが良くってですね!!

fox capture planのような疾走感とはまた違って、休日の午後にまったりと読書、とか郊外をドライブしながら聴いたらとても良さそうな曲でして「これは良いものを紹介していただいた!」と大変嬉しく思った次第でした。

良いですね。こうやって情報交換できるところも「これもブログの楽しいところだなー」とまた改めて思いました。ぼくの好きな音楽も、また話題にさせていただこうと思いますので、その時はよろしくです!


bohemianvoodoo "El Ron Zacapa" 【Music Video】

 

 

ラジオクラウドのアプリがいつの間にかあった話とPFCS連動オリジナル漫画の続き

自作まんが アプリの観想

こんにちは、西園寺りとです。

嘘です。ちょっと適当な苗字を名乗ってみただけです。

しかし、前回「苗字を考えてください」とポロっと言ってみたら、乗っかってくれた坂津(id:sakatsu_kana)さんの「スーパー魔りと」の語呂の良さ!

「あれ?意外とインパクトあるキャッチーな名前なのでわ!?」なんて思ったりして危なかったです。「スーパー魔」までが苗字で、「りと」が名前っていうところもよく考えるとシュールです。笑えます。あ、危ない!!

今日のグランピレパ物語

f:id:rito-jh:20170317170753j:plain

前回からの続きです。

なんかですね、ここのところ、1ページの制作に2時間かかってるんですよ!!作画スピードを上げるために頭身の低いキャラたちをメインに据えたハズなのに!!

あいつのせいや、あいつの、あい…愛ゆえの描き込みでしょうか…?

この漫画は、長田アニキの(id:nagatakatsuki) PFCS企画に乗っかっております。いつも更新を取り上げていただいてありがとうございます!

nagatakatsukioekaki.hatenadiary.jp

↓漫画の1話はこちらです

ritostyle.hatenablog.com

 

ラジオクラウドがアプリでリリースされてました

いつも話している通り、ぼくはかなりラジオを聞きます。今日の後半はラジオ談義です。

これまで地方在住の身としては、聞けるラジオも限られておりましてなかなか辛いところがあったのですが、最近はネットの力のおかげで本当に手段が豊富で!

 メインは、radikoのプレミアム登録なんですね。

radiko.jp

radiko.jp

  • radiko Co.,Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

 無料でも、地域のラジオがスマホで聞けます。去年からタイムフリーにも対応してくれたので、過去一週間までさかのぼって番組を聴くことができます。

月額375円のプレミアム会員登録すると、全国のラジオが聴けるようになります。これは作業用BGMが欲しい人にはたまらないサービスだと思ってます。テレビではあんまり出てこないようなミュージシャンや声優さんが、好き勝手喋ってる番組がいっぱいあって楽しいです。

ぼくはさらに、「ラジ録」というパソコン用のラジオ録音アプリを使ってます。ラジ録は、MP3形式でパソコンにラジオ番組を予約録音で保存してくれるのですが、保存先をDropboxなどのクラウドストレージに設定しておけば、録音した音源をiPhoneで聴けるようになるわけですね。 

ラジ録10 Mac版 [ダウンロード]

ラジ録10 Mac版 [ダウンロード]

 

しかしこのラジ録には欠点があって、ネット環境などの影響で結構気まぐれに録音に失敗します。(ただしぼくはWiMAXを使っているため、ラジ録の問題なのか、WiMAXの問題なのか、我が家の立地条件の問題なのか、検証はできていません)

 radikoのタイムフリー機能も完璧ではなくて、過去番組は1度「再生」を押してしまうと聴けるのは押した瞬間から3時間以内という制限がありまして、つまり「あ、あれ聴こう」と思って聞き始めた直後に「たけし!おつかい行ってきな!!」なんて言われた日には、途中の空き地で、メガネのダメなやつをいじめたり、土管の上でリサイタルしてるうちに3時間経ってしまって帰った頃には「もう聞けないじゃん!」なんてことが起こるのです。もっと言えば3時間以上ある番組は最後まで聞けません。

そんないろんなぼくのラジオ視聴問題を解決してくれるかもしれないアプリが最近登場した「ラジオクラウド」です。

ラジオクラウド

ラジオクラウド

  • Hakuhodo DY media partners Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

 まだまだこれから番組が充実してくれたらいいなって段階ですが、要はラジオ番組のタイトルが並んでいるので、聞きたいものをタップして、ストリーミング再生するか、ダウンロードして後で聴くか選ぶことができるアプリです。このダウンロード機能がありがたい!!

f:id:rito-jh:20170317170116p:plain

iPhoneのプリインストールアプリのPodcastから脱退したTBSが始めたみたいですが、他のラジオ局のもちょっとだけあります。これはいい。

まだ番組数が少なくあんまり用はないけれど、これから増えたらとてもいい!

てなわけで、ラジオ人口が増えたらいいな、と思いながらあれこれ書きました!

「fox capture plan」の曲がすごくカッコよいのでぼくのオリジナル漫画読みながら聞いてください

自作まんが 音楽の話

こんにちは。いろんなブログ拝見しながら「ハンドルネームが皆さんオシャレかっこいいなぁ」と思っているりとです。

いや「りと」ってテキトーに直感で「音の響きがいいかな?」って考えて使い始めてかれこれ10数年なんですよ。でも気づけばハーレム漫画の主人公さんに同じ名前の人がでてきたりで「いや元ネタそこじゃないんだ!」みたいな一人悶絶してみたりする今日このごろです。

苗字とかあればちょっとカッコよくなったりしますかね?なんかいい苗字の候補あればまたご一報ください。

今日のグランピレパ物語

f:id:rito-jh:20170315175851j:plain

長田アニキ(id:nagatakatsuki)主催のPFCS企画に連動させてもらっている漫画の続きですが、さりげなくポケットから取り出して、スっと投げる動作がもっと美しく描ければよかったな、というのが今回の反省点です。

さて、そんなウチの漫画の登場人物で「もはやこっちが主人公なのでは?」てくらい物語を引っ張ってくれているグレムくん(と殺す助)のイラストを長田アニキが描いてくれました!しかも錚々たるメンバーとともに!!

pfcs.hatenadiary.jp

これ、何気にテンション上がりますね!!遅筆でなかなか進まないのですが、ぼくも積極的に他の参加者さんのキャラを描いていきたいと思います。企画に参加されてない方も楽しく読める、そんな漫画にしたいですね!

前回の話はこちら↓ 

ritostyle.hatenablog.com

 

ゲーム好きなら「fox capture plan」イケると思います!!

今日後半は、また「いつか記事にしよう」と思ってたジャズバンドを紹介したいです。以前紹介したラジオ番組、「テイスト・オブ・ジャズ」で流れて知ったんですけどね、カッコイイんですよ。


fox capture plan / 疾走する閃光

ロバートグラスパー以降の現代ジャズ的な感じが好きな人向けなのですが、なんかこう、ゲームのサントラっぽいんですね(ぼくゲーム好きですから、いい意味で使ってますよ!?)。

なので「いやー、ジャズ興味あるんだけど、クラシカルな巨匠のジャズは敷居が高いわン」なんて思ってらっしゃる方に是非オススメしたいのです。

そして絵描きの皆さん!BGMにモッテコイじゃないっすか!?

それにしても、ラジオ日経のテイスト・オブ・ジャズは、45年もやってる老舗の化け物長寿番組なのに、オールディーズジャズからこんな現代ジャズまで分け隔てなく紹介してて、すごい番組だなって改めて思います。

テイスト・オブ・ジャズ | ラジオNIKKEI