平成ライダーとぼく その1(クウガとアギト)

こんにちは、ゴールデンウィーク中は家族サービスとHDDの整理でほとんど漫画を描いていないりとでございます。

なので今日は先日予告した通り平成の仮面ライダーについて語ります。「平成の」と言いながら仮面ライダーBLACK RXには触れません、あしからず。

ちなみに、よくメディアで平成ライダーについて熱く語ってる批評家の宇野常寛さんの論に激しく賛同する部分があるので、ひょっとしたら宇野さんの論を自分の感想と勘違いしてる箇所があるかもしれませんがご了承ください。

興味を持たれた方は「ゼロ年代の想像力」という本を読んでみてください。「あ、りとめパクったな」って箇所があるかと思います。

ゼロ年代の想像力

ゼロ年代の想像力

 

 

今回の記事は、平成ライダーシリーズそれぞれの「ここに痺れた!」という痺れポイントについて、

1、「今まで全く興味がなかったけど、ちょっと見てみようかという気になった」

2、「そうそう!そうでしたね!!懐かしい!!!」

という2パターンのいずれかの反応を期待しながら書きます。

場合によっては核心に触れるネタバレを含みますので「ちょうどこれからみようと思ってたんです」って方は読まないでください。

また、大いに個人の主観が入りますので、痺れポイントには個人差があることをご承知おきください。

大学時代、仮面ライダーが復活しました。

「ああ、あの世界征服とか言いながら幼稚園バスをジャックする敵と採石場で戦うやつね!」とかわかったようなことを思いながら見て衝撃をうけたのが「仮面ライダークウガ」でした。

 

セリフがいちいちかっこいいクウガ

EPISODE 1 復活

EPISODE 1 復活

 

クウガの敵は、封印されていた古代の戦闘民族「グロンギ」です。復活したグロンギたちは「ザギバスゲゲル」という儀式を行い、殺した人間の数を競います。 

この、グロンギたちの会話シーンがいいんですね。「ガギグゲゴ」が多く取り入れられた謎の言語で会話をして、その会話の訳を一切しないという演出なんです。痺れます。わからないから不気味なのです。すごく。

ちなみに、彼らのせいでぼくは今でもデロンギの家電を見るたびクウガを思い出します。

主人公のオダギリジョーは、みんなを笑顔にするために旅をしている冒険家だったのですが、うっかり戦闘民族を封印した古代の戦士の力を手に入れてしまったので、みんなの笑顔のために戦うのです。

彼は、なるべく暴力には訴えたくない、話し合いたい人なのですが、言葉が通じない相手なので仕方なしに戦うんです。そこにヒーローの孤独を感じます。

しかし、ラスボスは言葉が通じるんですよ。

なのに一向に分かり合えない。だから戦わなければならない。雪原で血しぶきをあげ、号泣しながら繰り広げるラストバトルは激アツです。

また、縦割りの警察機構がクウガをバックアップしながら一つになっていく姿もかっこいいのです。

クウガの痺れ指数:痺痺痺痺

 

1話見逃しても話がわからなくなるサイコホラーなアギト

 第1話で木の幹から人の腕が垂れてるショッキングなシーンが登場するのが「仮面ライダーアギト」です。木を割ると中から謎の変死体が出てきます。つまり人間には不可能ななんらかの方法で、人間が木の中に押し込まれていたのです。

「人の殺され方が残酷すぎて子どもに見せられない」という批判意見がおらが町の地方新聞に載った覚えがあります。

90年代に流行った「Xファイル」の雰囲気を醸すサイコな展開を続けるアギトですが、最後のオチを最初に書いちゃいますと、この物語は人類を生んだ双子の神の戦いに巻き込まれた人々の話なんですね。

アギトは「進化した人類の完成形」として描かれます。

双子の神はそれぞれアギトの出現について、一方は「今の不完全な人間が愛しい、だから進化の兆しを見せた人間は殺す」と天使を送り込み、もう一方は「人間は我々の手を離れ、自らの力で進化を始めた、これから見守るべきだ」と人類のアギトへの進化を手助けします。

この真相が明かされるのはかなり後半。

殺される人たちは、全員アギトへの進化の兆候を見せた人とその親族だったということが、物語が進んでいくにつれてわかってくるのです。その見せ方がたまらんのです。真実が語られるまでに巧妙に貼られる伏線と、明かされた時の「そうだったのかー‼︎」に痺れるのです。

実は主人公の翔一くんは、最初にアギトへの進化を完成した人なのですが、その時の出来事で記憶喪失となります。

翔一くんはほぼ生存本能で敵(天使)の出現を察知して現場に急行して戦うという謎の行動を繰り返していて、彼は一体何者なのか?というのを想像しながら見るのが楽しいのです。毎週ワクワクしながら見てました。

そして熱すぎる展開をクールダウンするために登場するのが、要潤演じる警視庁が作った人工のライダーG3です。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーG3-X

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーG3-X

 

 彼は、遠距離攻撃用の武器をたくさん搭載しているのに、なぜかいつも果敢に白兵戦を挑むのです。泣けてきます。そしてボコボコにされたところをクウガに助けられるのです。

アギトの痺れ指数:痺痺痺痺痺痺

恐ろしいことにいつの間にか2000字を超えてしまいました。

次回に続きたいと思います。

 

 

 

今日はいつも通りの漫画ネタです。

こんにちは、最近初めてバズることを経験したりとでございます。

なんとアクセス数が2日で18000PVとかになりまして、ぼくこのブログ始めて2年2ヶ月なのですが、その間の総アクセス数の約4分の1がこの2日間ということになりました。

「今月のPVが10000を突破しました」というお知らせも初めてもらいました。

今までのブログのスタンスが、学生時代に放課後友達と雑談するようなイメージでして、「ちょっと面白い話があるんだけど」とか「こんなの描いたんだけど見てよ」とか、それに対して「おもしろーい」とか言ってもらう、みたいな仲間内でワイワイしてる感じを脳内で妄想しながらやってたのでビビりました。

と同時に「アクセスアップを考える気持ちもわかるな」とも思いました。ほとばしるものがありますよね。

でも今の「日常の隙間時間にブログ」ってスタイルを壊してのめり込んでしまっては、それこそ前回の記事で宣言している「家族の笑顔のため」には決して良いことにはならないだろうから、今後も身の丈にあったいつもの感じで行きますね!

そして心配なのが「いつもの感じ」で行ったら、前回の記事読んで読者になってくださった方々が一気に引いちゃうんじゃないかってことですよ!

どうも初めまして!こちらは、ブログ主のりとが日頃消費したコンテンツについての感想をだらだら述べたり、自分で描いたイラストや漫画をアップしているブログでございます!

最近描いてる漫画がどんなのかと申しますと、こんなのです。

グランピレパ物語30話

 

f:id:rito-jh:20170501115721j:plain

この漫画は、オリジナル漫画として展開しつつ、長田アニキ(id:nagatakatsuki) 主催の、参加者がオリジナルの国とキャラをつくって互いに交流するPFCSという企画に乗っかって描いておりますグランピレパ物語となっておりますよ!

PFCSについてはこちらをご参照ください。

pfcs.hatenadiary.jp

前回までのエロ展開もひと段落しまして、次回から次の旅に向かう予定でございます!

次回向かう国はライスランドです。

まぁ、こないだの身近な生活の話も、長くなったので書くのやめたエピソードとかあるので、また思い立った時にでも書かせていただこうかと思います!

この漫画を最初っから読んでみようと思った読者さんはこちらからお願いします!

ritostyle.hatenablog.com

公務員の年収ランキングワースト500のニュースを見た

こんにちは、来週に控えたゴールデンウィークを見越した業務スケジュールに忙殺されそうなりとでございます。でもアタシ負けない!!

今日はiPhoneのロック画面に出てきてこちらのニュース記事読んで思ったことを書きます。

奥さん、公務員の年収ですってよ!

toyokeizai.net

ここで取り上げられてる公務員って、市町村別なので、市・町立の役場や学校にお勤めのみなさんの給料ですよね。

見てると、

「あいつら!あんな仕事でこんなにもらってるのか!?」

「ワーストって言っても多いじゃねぇか!ふざけるな!!」

って声も聞こえてきそうです。

でもね、いつか飲み友の地方の役所勤めな人から聞いたことがあるんですよ。

 

東に破裂した水道管があればサービス残業で夜通し復旧作業を行い

西に死んだ猫が公園に捨ててあれば行って処理をし

南に「家の裏にある池から水死体が上がってきた」という電話があれば駆けつけ

北に夜な夜なご神木に藁人形を打ち付ける女がいれば行って注意をしなければならない

 

 

そーいうひとに、ちょっと私はなりたくはないですねぇ〜。

 

たまに対応がテキトーな職員さんもいらっしゃるかもしれなですが「疲れてるのかな?」「失恋でもしたのかな?」くらいに思い、公開されてる給料も、行政からの他のお知らせと同じように「ふーん」くらいに右から左に流して、日々平和に健康に暮らす手伝いをしてくださってる大勢の人たちに感謝しとくくらいが、いい大人の流儀なのかもな、なんて思った次第です。

てなわけで、前半の記事は「ふーん」と流して漫画の続きをどうぞ!

グランピレパ物語29話

f:id:rito-jh:20170427114843j:plain

前回からの続きでお送りしておりますこの漫画は、オリジナル漫画として展開しつつ、長田アニキ(id:nagatakatsuki) 主催の、参加者がオリジナルの国とキャラをつくることで互いに交流するPFCS企画に乗っかって描いておりますグランピレパ物語です。

PFCSについてはこちらをご参照ください。

pfcs.hatenadiary.jp

デザインドバイ長田アニキのキャラたちを好き勝手動かしての、前回のラストがかなり喜ばれたので、今回過去最高のエロ回となってしまいました。違うんです、キャラが魅力的すぎるんです!

次回はないぜ!?

じゃあな!

漫画を最初から読んでくださる方はこちら

ritostyle.hatenablog.com

 

西加奈子さんの「 i 」を読み終わったので感想書きます

こんにちは。連日仕事の夢を見るりとです。

今日はこの後お時間ありましたら読書感想文にお付き合いください。

西加奈子さんの新作「i」です。

i(アイ)

i(アイ)

 

 「ここにいて良い理由」を必死に考える話

西加奈子さんの文体ってどの本読んでもすごくおおらかな気がします。なのでスイスイ読めちゃうんですが、調子に乗ってスイスイ読んでると、心を持って行かれる内容でした。

以下ネタバレなしであらすじを書きますね。

主人公は、ワイルド 曽田 アイという名前の女の子です。

アイちゃんは、名前の通り出生がちょっと特殊です。

国際結婚をしたアメリカ人のダニエルさんと日本人の綾子さんが、養子としてシリアから迎えた女の子です。そして、ダニエルの仕事の都合で、小学校まではニューヨークで過ごし、中学から日本にやってきたという、国際色豊かな女の子です。

アイちゃんは聡明な子でした。

幼心に、両親よりも、両親が雇っていた手伝いさんのほうが自分と容姿が似ていることについて真剣に考えてしまうのです。どうして自分はこんなに恵まれてしまっているのか、お手伝いさんの家の子どもと自分とでは、同じ人種なのに、なにが違ったのか。

考えていくうちに、アイちゃんは自分が恵まれていることを恥じるようになります。そんな自分との葛藤と戦うアイちゃんの物語なんですね。

アイちゃんの生まれは1988年という設定です。絶妙なタイミングです。多感な時期に、9.11テロからのイラク派兵、世界各地で起こる地震や台風など異常気象による災害、そして東日本大震災をメディアから見聞きします。

そう、メディアからなんですね。

「よそで起きてる」それら全てが、そこで犠牲になった人と、犠牲になったかもしれないのに裕福な自分とを比較させ、アイちゃんをさらに苦しめるんです。

はたしてアイちゃんは、自分を許し、幸せに暮らせるのでしょうか!?

特別な身の上でなくてもみんな考えちゃうテーマな気もする

読んでいて、最初に思い出したのはエヴァンゲリオン碇シンジくんでした。テレビシリーズのラストの「ぼくはここにいても良いんだ!」「おめでとう」「おめでとう」のくだりを思い出しましたが、よくよく考えたらぼくも似たようなことを考えてたなーと、香ばしい記憶の扉を開いてしまいました。

思い起こせば、それこそ「世界には不幸な子供達がたくさんいるのに、自分はこんなに不自由なく暮らす価値があるのだろうか」という謎の不安を感じていた頃が、あったんですよ、ぼく。ああ恥ずかしい。

ぼくはかなりへそ曲がりな10代を経験してまして、どうしても学校の勉強に価値を見出せなかった時期があるんですね。「こんな勉強が将来何の役に立つのだろう?」と本気で考えてしまい、手がつけられなかった時期があるのです。中2の後半から高1の終わり頃まで続いたのですが、同時に学校の成績で自分の価値もランク付けされることも承知していたので、反発しながらも「おれには価値がない」って落ち込んでいたのです。(ちなみに高2になったときに、突然「ああそういうことか」と鱗が落ち、それ以降勉強することができるようになりました。)

今思い返せば、純粋に「勉強だるい」という気持ちに大義名分という鎧を着せていただだけなのかもしれないし、学校の成績でつけられるランクなんて、その人の一面でしかないことも知ってしまいましたが、当時は真剣でした。それが「若さ」ですよね。

40歳も近くなってくると、食うものに困らず、健康で、小さくてもいいから楽しいことがそこここに散らばってれば「人生言うことなし」みたいになることを知りました。でも、ふっと立ち止まってみると、「自分がここにいても良い理由」を本気で考えてた頃もあったな、今思えば大事なことかもしれないな、とか思う、そんなお話でした。

西加奈子さんの他の本もすごいのでおすすめです。

ritostyle.hatenablog.com

 

ritostyle.hatenablog.com

 

 

「運動部に入ると美大に行けません」と言われました。

今週のお題「部活動」

こんにちは。Amazonで安ウマワインを探すことにはまっているりとです。今もほろ酔い気分です(たいていぼくは、夜酔っぱらった状態で上機嫌でブログを書き、翌日冷静になってから一度読み返して投稿しています)

今週のお題が「部活動」ということで、思い出した事を酔った勢いで徒然なるままに書きます。

中学時代はテニス部でした

テニスの王子様」が連載を始める前だった中学時代、テニスは女子のスポーツでした。それでもぼくはテニス部に入部しました。すでにカッコつけたがりでした。

でも、練習は厳しかったです。

ただ、小学校の頃から「運動部は厳しいらしい」といろんなコンテンツから学んでいたので「こんなもんだろう」と思いながら頑張りました。ドッジ弾平なんて、ドッジボールのために人が死んでたりしましたもんね!

顧問の先生はアラサーの爽やか好青年で生徒に人気で、でも指導は厳しくするめっちゃいい人だったのですが、秋ぐらいから部活にあまり顔を出されなくなりました。3年の担任だったんですね。「3年が卒業したら顔だすから!」とよく言ってくれてました。

しかしこの先生、ぼくが2年になった4月に転勤されてしまいました。

代わりに顧問になったのは、中学生には「エロオヤジ」にしか見えない50代くらいのおっさん先生でした。この先生、男子テニス部の顧問だったのに、男子には「なんでサーブが入らんのなら!!」と、どうやったらサーブが入るようになるかという具体的なアドバイスはくれずに怒鳴り散らすくせに、男子テニス部の顧問なのに女子テニス部のコートに行き、女子部員を手取り足取り優しく指導していました。(中2のぼくにはそう見えました)

3年になる時、女子テニス部の顧問の先生に「こんどテニス経験者の先生が転勤してくるよ」と情報を提供してくれました。ぼくらを不憫に思ってくれたのでしょう。優しい先生です。ちなみにその先生は「BASTARD!!」のアビゲイルにそっくりでした。当時BASTARD!!は、破壊神アンスラサクスが実は天使で、ルーシェ・レンレンも実は天使だった、という一番激アツな展開の頃でした。

アビゲイル先生から教わった情報をもとに4月1日の夕方その先生を出待ちし、部員みんなで「顧問になってください!」と直談判しました。しかし、なんとその先生、テニス未経験者でした。あとでアビゲイル先生に聞いたら「間違えちゃった」とのことでした。しかしその先生「テニスの経験はないけどみんなに頼まれたからワシはやる」と言ってくれました。熱血な先生で、ぼくらが卒業した数年後に、うちの学校をテニスの強豪校にしてしまいました。

 

高校は美術部と漫研でした。

高校入学後すぐ、美術の先生に「美大に行きたいです。でもテニスしたいです」と言ったら叱られましたというか、たしなめられました。

美術の大学は受験で実技試験があるから、運動部なんか入ってたら行けないよと言われました。

なのでぼくは美術部と漫研に入りました。ここが面白い学校で、美術部と漫研、部員も顧問もメンバー同じだったんです!例の美術の先生が顧問でした。

ある時「もう一緒の部にしてしまえいいんじゃないですか?」と聞いたら「部費が2倍もらえるでしょ?」と言われました。

なんて頭がいいんだ!!

って思いました。

というわけで、高校時代ぼくはファインアートも漫画も垣根なく目一杯絵を描きました。この頃描いた漫画を実は去年の今頃発掘しまして、スキャンしてブログにアップもしています。

f:id:rito-jh:20160424094353j:plain

今描いてる漫画の更新がない時にでもまた読んでいただけると嬉しいです! 

ritostyle.hatenablog.com

 

実は、今描いてるグランピレパ物語の原型もこの頃描いたのですが、その原稿は処分してるみたいでした。残念!

あ、一応ファインアートも頑張ってましたよ。コンクールの授賞式で東京に初めて行きました。会場が池袋だったので「アニメのハーメルンのバイオリン弾きのエンディングはIKEBUKUROってバンド名だなー」なんて思いながら新幹線に乗ったことを思い出しました。

もうちょっと書こうかとも思いましたが文字数が多くなってきたので、また別の機会にしますね!

では! 

脳は騙されやすいらしいので、良いことばっかり言いながら毎日楽しくお絵描きしたいです。

こんにちは!残業がデフォルトの日本の働き方文化を根付かせた人を呼び出し、小1時間正座させて説教したいりとです。

…やっぱやめます!そんなことしたらぼくの残業時間がさらに増える…!!

いつもアップしている漫画ですが、前回がいいところで終わっていたと思いますので一気に次も描きました。どうぞご覧になってください。

ドラゴンハーフ、読んでらっしゃる方が多くて嬉しかったっす!

グランピレパ物語28話

f:id:rito-jh:20170422144748j:plain

この漫画は、オリジナル漫画として展開しつつ、長田アニキ(id:nagatakatsuki) 主催の、参加者がオリジナルの国とキャラをつくることで互いに交流するPFCS企画に乗っかって描いておりますグランピレパ物語です。

PFCSについてはこちらをご参照ください。

pfcs.hatenadiary.jp

すっかり話題のピークは過ぎてしまった童貞を殺すアレですが「お絵描きしてネットにあげてる身としては1回描いとかないとダメだろう!?」という謎な使命感から今更ながら描かせていただきました。次回も登場します。お楽しみにです!

それにしても「殺す」はちょっと物騒ですね?なので今日後半はもう少し穏便に「騙す」話をしようと思います。

え?「殺す」って名前についてるキャラを漫画に出してるくせにって?

そうでした。

「自分はまだ若い」と思ってると脳は騙されてくれるそうです

ぼくくらいの歳になると、よく言うわけですよ。

「もうおっさんだから」って。

でも、あんまり「おっさんおっさん」言ってると、脳が「そうかおっさんか、ならおっさんらしくならないとな!」と思って老化が促進してしまうらしいですね。

人間って不思議です。

同じように「最近もの忘れが激しくて、老化のせいかなぁ?」なんて言ってると、いよいよ物忘れが本当に激しくなるそうです。

ぼく、どきっとしちゃいまいた。

もっと普段から意識して、若者ぶってないといけないですね!

そういえば、あんまりスマホの画面とか見ないほうがいいのだそうです。スマホの画面見る時って、頭下げてるじゃないですか。「頭下げてるときは悲しいとき」って脳が記憶してるので、悲しい気分に自動的になってしまうそうです。

つまり、「自分はお絵描き上手な金持ちイケメンです」って思ってれば、本当にそうなるわけです。もぉね、「世の中に悪いものはありません」と騙すために、良いことばっかりみんなで口にしましょう!

てなわけで、今日もお絵描きしながらラジオ聞いてたら聞こえてきた話題でした。ラジオは面白いな!

そんなイケメンが描いてる漫画を最初から読みたい方はこちらから

ritostyle.hatenablog.com

幸せになるコツをラジオで聴いて、夜な夜な漫画を描いて幸せ噛みしめてます

こんにちは「お金があれば買うのにな」ってものがありすぎるりとです。

いつものように、J-WAVEのJAM THE WORLOを聞いていたら、面白いことを知りましたので今日はその話をしますね。

幸福論の話です。

日本の幸福度先進国最下位は冷静に見たほうがいい!?

といっても、今回聞いたのはロボットの研究をしている前野隆司さんて方で、この方はより高性能なロボットを作るために人間の心理について研究した結果、どうすれば「幸せになるか」を精神論ではなく、科学的に説明できるようになった人のようでした。(うろ覚えでごめんなさい)

以前、日本の幸福度は先進国で最下位って話をブログで取り上げましたが、この方の論によれば「日本人は、欧米人に比べて基準になる数値がそもそも低い」のだそうです。日本人が「平均」と感じる数値は10段階でいえば5のあたりなのに対し、欧米人は8のあたりだとのことなんですね。この考えはぼくにはなかったので「なるほど!!」と思いました。そりゃ差は出るわな!「平均」と思ってる数値が違うんですから!メカラウロコでした。

また「LIFE」を「人生」と解釈するのか「生活」と解釈するのかでも数値は変わるのだそう。なるほど。

そうか、そう考えたら、あながち日本人も幸福度が低いわけではないのかもしれない…!

そんな前野先生の提唱する幸福になるための4つの因子がその後紹介されました。以下の通りです。

・やってみよう

・ありがとう

・なんとかなる

・あなたらしく

だ、そうです。おお、いい言葉だらけです。ぼくの好きな魔法の言葉もありますね!これらが自然に出てくる生活をしてれば、幸福度が上がるのだそうです。精神論ではなく、データによる客観的事実なのだそうです。

最後に、前野先生はさらに希望の持てる言葉を述べられてました。

幸福度のグラフはU字型になっているそうで、40代が一番幸福度が低く、そこをすぎるとまた上がっていくのだそうです。なんと!つまりぼくはもうすぐ幸福度の最低値を迎えるけど、その後はまた上がっていくのですね。

これは歳をとることに希望が見出せそうです。

つまり、仕事や家庭と両立しながらも、漫画制作はなんとかなるから、とりあえずやってみて、コメントをくださる皆さんにありがとうと感謝の気持ちを忘れないようにしながら、ぼくらしくブログを更新していれば、ぼくの人生は勝ったも同然ということですな!

というわけで、続きをお楽しみください。

グランピレパ物語27話

f:id:rito-jh:20170420221215j:plain

下記リンクとはこちらです

nagatakatsukioekaki.hatenadiary.jp

オリジナル漫画として展開しつつも、長田アニキ(id:nagatakatsuki) 主催の、参加者がオリジナルの国とキャラをつくることで互いに交流するPFCS企画に乗っかって描いておりますグランピレパ物語の続きを描きました。

昔、ドラゴンハーフっていう漫画がありましてね、ぼくはこの漫画が大好きだったのです。 

あらすじは、人間の勇者と、竜族との間に産まれた主人公ミンクが、両親を竜族に殺されたために竜族を嫌うソーサーという男に一目惚れして人間になるための秘薬を求めて冒険に出た結果、魔王を倒す話なのですが、ミンクのお父さんが、普段はエロオヤジなんですね。でもキメる時はキメるという、10代のぼくはそこにシビれたわけです。

多分、勇者パラくんのルーツはここなんですね。 というかこの漫画、全編通してかなりシュールなギャグが盛り込まれた冒険ファンタジーでして、改めて思えば影響受けてる部分がヒジョーに多いかもしれません…!

ふふふ…この漫画にずっとお付き合いいただいてた皆様の驚きの顔が浮かびます。ついにかけました!勇者パラの活躍!ふふふ!今日はいい夢が見られそうだ!また幸福度が上がりそうです。お付き合いありがとうございます!

そんなぼくが今まで接してきたいろんなエッセンスを盛り込んだ漫画を最初から読んでくださる方はこちらからお願いします。

ritostyle.hatenablog.com