「ハケンアニメ!」アニメ会社で働く派遣労働の話じゃなかった【読書】【リライト】

こんにちは!りとですよ。

はてなさんのお題が「読書の秋」だったのですが、秋に限らず読書をしてるので「この時期に読みたい本」って言ってもなー、とか思いながら悩んでいたところ「この本どうですか?」ってのを紹介するのも面白いかな?なんて思い、過去記事のリライトをしてたらお題が変わってしまったという大失態のぼくです。

でもせっかくなので更新します! 

みんな大好きなCLAMPさんの表紙の小説「ハケンアニメ!」

ハケンアニメ!

ハケンアニメ!

 

 タイトルのイメージから、アニメ業界で働く派遣労働の身分の人たちの蟹工船的な物語かと思って読み始めたのですが、違ってました。
あるクール内で放送されたアニメの中で一番視聴者にウケたアニメのことを、そのクールの覇権アニメと呼ぶんだそうで、その覇権アニメを争いアニメ業界で奔走する三人の女子がこの物語の主人公でした。

3人のヒロイン

1人めの女性はアニメプロデューサー。10年前にメガヒットを産み出したものの、その作品を超える作品を作ろうともがいてスランプに陥っているアニメ監督と新しいアニメ作品を作りましょう!って物語です。

2人めの女性は、たくさんの人に生きる活力を与えられるような作品を作りたいと考えている女性アニメ監督の、アニメ番組からいかに会社の利益を生み出すかを最優先に考える敏腕プロデューサーとの価値観の戦いの物語です(でもほっこりもあるよ的な)。

3人めの女性は、地方にスタジオを構える製作会社に勤める、ネットで話題になっている神原画を描くアニメーター。お相手はアニメの聖地巡礼がもたらす経済効果に目をつけたものの、アニメには全く関心がない町役場の上司からすべてを丸投げされた、これまたアニメのことはさっぱりわからない地方公務員っていう組み合わせです。

単にアニメ業界の話かと思いきや、男性中心でつくりあげられてきた日本社会の中でがんばる女の子たちの物語でした。

アニメ業界の話ということで興味を持って読み進めていくと、いつの間にか「男性社会で奮闘するヒロインたち」を追っていってることに気がついます。「ああ、なんか理不尽な中で働かされてるんだな…」みたいな、そんなことを感じてしまいます。

それでも健気に頑張るヒロインたちに感情移入しながら読んでいけました。

そして3つのエピソードはちょっとずつリンクしていき、最後にはみんながそれぞれの仕事でそれぞれの働きがいを再確認するというすっきりハッピーな物語です。

読み終わると元気になれます、おすすめです!