読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツンデレに思いを馳せる

オリジナルイラスト

f:id:rito-jh:20151121124902j:plain

お世話になっているゲーム派ドットコムさんとこのツンデレキャラを描きました。

じつはぼくはツンデレキャラを描くのが苦手です。多分ぼく自身がデレデレの女の子が好きだからでしょう。好きな気持ちを隠しながらいやそーにするという、ビミョーな乙女心をうまく理解し表現することができないのだと思います。なので妻がなんかカリカリしているときも「ははーん、さてはツンデレだな!」とは思えず、ハラハラしてしまいます。

そーいえば、いつものようにBGMにラジオをかけながら絵を描いていたら、とある番組のコーナーで、街行くカップルにインタビューをしていて「告白はどういったシチュエーションだったのですか?」という質問に「フツーにLINEで告白しました」と彼氏が答えているのを耳にしました。

おっさんは、ああ「フツー」なんだな。と思いました。

「文字のやりとり」と「面と向かって」とでは「相手の言葉を受ける」「考える」「返す」という一連の攻防のための猶予時間がかなり違うので、おっさんは「LINEなんかは恋の駆け引きが相当複雑なものになるツールなんじゃないかな?」なんて思ったりします。

ツンデレ」って言葉を聞き始めたのがたしか2005年とかそんな頃だったりするのも、メールの普及率と絡んでるのかもしれないですね。

そしてそんな複雑な情報恋愛戦から戦線離脱する若者を、「草食男子」「干物女」といったりして戦意高揚させる世間の過酷さ…。

とか言うのは言い過ぎですかね…!?

ところで「草食男子」はなんかストイックな感じすらしますが、対して「干物女」は臭いとかしてきそうで、ひどい言いようですよねー。女性に対しての方が「恋愛してなければならないもの」という世間の意識が強いのですかね。

男は「仕事で成功して勝ち組」なのに対して「女は結婚してこそ勝ち組」みたいな風潮がここにもこびりついてるようにも感じますね。

そんなことを考えながら「ツンデレ」という複雑な乙女心について思いを馳せながら描きました。