屋根裏にしまっていた自作まんがをアップする1-2

昨日の続きです。

読むのは一瞬ですが、描いてる時はかなりの時間をかけているので、見ていると描いてた時のことを色々思い出して楽しいですね!

f:id:rito-jh:20160425135020j:plain

f:id:rito-jh:20160425135045j:plain

f:id:rito-jh:20160425135119j:plain

f:id:rito-jh:20160425135144j:plain

f:id:rito-jh:20160425135215j:plain

「召されろ」ってのは「月に代わってお仕置きよ」とか「伊達にあの世は見てねぇぜ」みたいなそんな決め台詞が欲しくて、他に見たことないようなフレーズをあれこれ考えてひねり出したセリフです。ラストにもっかい出てきます。「召されろ」。口に出してもあんまりかっこよくないところが今思えば可愛らしいです。

「ひねり出した」といえば、「黒獅子」って二つ名も、他にありそうでない二つ名を一生懸命考えた思い出があります。今ネットで検索すればバンバン出てきそうですが、90年代の「パソコン通信」って言葉がやっとでてきたばかりの当時としては頑張ってるように思われます。

「ヒロインがブス」ってのも、今までこのブログで散々美少女イラストをアップしているぼくの普段の素行からすれば、かなり攻めてますね。笑えます。