読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作漫画の続き1-8と「銃夢」映画化のはなし。

漫画の感想 自作まんが

ブログに昔描いた漫画をアップするようになってから、また漫画が描きたくなってきました。創作活動がしたくて家事育児が億劫に感じる思考が脳裏をよぎり「イカンイカン!」とか思ったり。これは危険な兆候です。うまく付き合っていきたいです。

てなわけで続きです。

f:id:rito-jh:20160507091140j:plain

f:id:rito-jh:20160507091246j:plain

f:id:rito-jh:20160507091316j:plain

f:id:rito-jh:20160507091405j:plain

f:id:rito-jh:20160507091444j:plain

前回が剣一本で戦うパート、今回が二本で戦うパートです。で、次で終わります。ハイテンションで描いてたものの、自分でもどう立ち回っているのかわけがわからなくなりつつあるのが伝わりますね。こんなのを連載で描き続けてる漫画家さんってやっぱすごい。

漫画といえば「銃夢」がハリウッドで映画化されるって話が年末くらいから囁かれてましたが、いよいよ本格始動するみたいですね!

eiga.com

 銃夢も昔から大好きな漫画なんですよねー。

未読の方にちょっとあらすじをお話しすると、サイバーパンクな近未来の世界で、イドって博士がスクラップ捨て場で首だけで捨てられてた記憶喪失の女の子を拾うんですが、首から下をイド博士に作ってもらいガリィって名付けられたその女の子は、高い戦闘技術を持ってたって冒頭なんです。

その後ガリィは、体のパーツがいくらでも取り替え可能な世界で「自分は何者なのか」「人間とはなんなのか」「何が人を人として定義するのか」という問いに悩みながら自分と大切な人が生きてくために戦い続けるんですよね。

カッコいいバトルシーンと哲学性の高い物語が魅力の漫画です。ぼくが中学生くらいの頃に一度完結したのですが、大学生の頃にラスト手前の物語から描き直された新連載が始まって、いまだに続いている超大作です。未読の方は映画公開前に是非に!!

銃夢(1)

銃夢(1)