読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友人A原作の作画がぼくな漫画1

自作まんが

また屋根裏の奥から引っ張り出してきました。タイトルの通り、この作品は完全にぼくのオリジナルではないのです。中学時代のぼくの友人の、変な話を作らせたら天才の一人が描いたものを、ぼくが原稿にしたものです。

彼の話の勢いを活かすために、全て筆ペンで描いています。

f:id:rito-jh:20160511145051j:plain

f:id:rito-jh:20160511145127j:plain

f:id:rito-jh:20160511145203j:plain

f:id:rito-jh:20160511145311j:plain

f:id:rito-jh:20160511145347j:plain

f:id:rito-jh:20160511145508j:plain

原作はもっとたくさんあるのですが、3話まで原稿にしました。あ、ちなみに原稿用紙に描いたのはぼくが大学生の頃です。

当時の彼の才能は本当に凄まじかったと思ってます。しかし、高校卒業後就職した彼はどうやら創造の泉が枯れてしまったらしく、面白い話が浮かんでこなくなってしまったそうです。仕事とは恐ろしい…。

今では良き飲み友達として仲良くしております。