読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「和菓子のアン」は幸せなデパ地下お仕事ミステリーでした

最近、まんがまんが言ってますが相変わらず小説も読んでるぼくです。最近読み終えた本に、またしても幸せな気分をプレゼントしてもらいました。

和菓子のアン (光文社文庫)

和菓子のアン (光文社文庫)

 

主人公の梅本杏子ちゃんは、食べるのが大好きなマシュマロ系女子の18歳で、杏子の「杏」の字から「アン」ちゃんと呼ばれます。冒頭で女子高生の杏ちゃんは、これといって進学して勉強したいこともない。でも、即就職もピンとこない。そんなズルズルしたまま高校を卒業してしまい「これじゃやばい」とバイトを始めます。

「自分の体型のことは自分が一番よくわかってる、かといって10代女子としてのプライドは捨てられない」という条件から見つけたバイト先は、デパ地下の和菓子屋さんだったのでした。

みたいな感じで始まるこの物語ですが、なんで「ミステリー」かっていうと、和菓子の名前や造形に込められた意味や謂れが、メッセージや暗号としてこの物語で機能するんですね。で、同じ店で働く個性的な(本当に個性的で魅力的な)スタッフや、いろんな思いを秘めて和菓子を買いに来店するお客さんたちと関わることで、杏ちゃんのデパ地下での日常のなかでふと生まれる「謎」や「疑問」がミステリーになるってお話です。

そして読む側は、解き明かされるそれぞれの和菓子に込められた「メッセージ」にほっこりし、杏ちゃんと一緒に和菓子に詳しくなって、社会人として成長してく杏ちゃんを見守るって物語なんですね。

「和菓子って奥深い!」って思わされます。そしてさらに「和菓子って楽しいな!」とつい和菓子屋さんに行きたくなってしまいます。できれば「デパ地下」に。

そうなんですよ、「デパ地下」が舞台ってのもなんかいいですよね。同じフロアで働く他の店の人も登場します。そんな「多くの人が行き交う感」が、「いろんな出来事が起きそう」となんだかワクワクさせてくれます。

それにしても、この主人公の杏ちゃん、すごく聡明で努力家なんですね。食べるのが大好きで、節制できないってところもあるものの、明るく、仕事に熱心で、「小さな頃から周りが自分に求めるキャラはわかってる」と処世術にも長けています。

それでも、高校卒業後に進学か就職か選べないんだなー、ってつい思いました。

きっと「納得いく答えが自分のなかに見つけれられないと行動に移せない。」っていうのが、良くも悪くも今風の「いい子」なのかもしれないですね。すごく繊細で真面目。ぼくら世代にはなかった感覚かもしれないなー、とりあえず流れに身を委ねとけー、みたいなのがありましたもんね。

まぁ、ぼくらは「勉強して大学行ってれば大丈夫」って流れに身を任せていたら大学卒業の頃に「就職先なんてないよ」って突然言われたわけなので、どっちがいいとかわからないんですけどね!