読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高級な絵の具セットは嫌われる?

時事ネタ

ターナーの絵の具が結構好きです。値段のわりにとても綺麗な発色の絵の具です。ことコスパでいえば最高級だと思います。100均など最近は絵の具を置いていますが、やはり描き心地は違います。

ターナー 不透明水彩絵具セット 12色セット紙箱入

ターナー 不透明水彩絵具セット 12色セット紙箱入

 

ニュースをざっくりと眺めていると、ちょっときになるニュースがありました。こちらです。

www.asahi.com

つまり要約すると、Amazonなんかで探せば安く買えるのに、学校って場所はわざわざ割高な金額を集金で請求してくるので、これって業者との癒着とかズブズブの関係でもあるんじゃないの?…という趣旨の記事なのですが、すごくきになるところがあったんですね。

どこかっていうと

質にこだわらなければ100円ショップで買えるし、

て箇所です。

有名な話ですが、イチロー選手は子どもの頃から最高級の野球の道具で練習をしてたってのがありますよね。だから、用具に感謝をして、毎日手入れを怠らないから結果が出せるってやつです。

子どもが「お絵描き」と出会う大事な機会に「質にこだわらない」絵の具を使うってのはちょっと寂しいなぁ、なんて思いました。

それから、ぼくもこの春息子が小学校に入学したもんだから、いろんな用具の準備にてんやわんやしましたが、仮に絵の具セットや習字のセット、音楽のセットといったものが、「学校でコレというのはありません。好きに選んだのをネットなど買っといてください。」なんて言われたら、そりゃもう大パニックです。親だって忙しく毎日を送っているのですから、学校が「これがいい」と選んでくれた用具を信用して学校で買うってのは、案外ありがたいような気もします。最後には同じものさしで成績もつけられるわけですしね。そう考えると、この記事で最終的にメッセージを訴えられてる相手は、「忙しい」を理由に必要な情報をうまく集められない大人たちなのかもしれないですね。

一方で、なんとなく浸透している「図工なんて入試に関係ないし」という考え方のおかげで日本は「一億総中流」なんてのが存在した時代があったり、いくら景気が悪いといえど、失業率が二桁いかない日本の底力なのかもしれないな、なんて思いもあったりで、世の中難しいですねぇ。