読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Radikoのタイムフリー機能が非常にお気に入りです。

アプリの観想

よくブログでつぶやいてる通り、ぼくはほとんどテレビを見ないんですね。

これは別に「テレビなんてくだらない」という崇高な意識からではなくて、ラジオに音楽にPodcastにと好きなものばっかり追いかけているからなんです。あとゲームしたり本を読んだり、映画レンタルして見たりしてることも大いに影響があるかと自己分析しています。

なので毎年年末の流行語大賞に登場するお笑いのネタがわからず、忘年会で「変わった人だなこの人」って目で見られてしまいます。

特にラジオが大好きです。

ラジオ聞きながら絵を描いてる時間が最高に幸せなんですねー。そんなぼくが去年から「まだかまだか」と首を長くして待っていたのがRadikoタイムシフト機能です。過去1週間分のラジオ番組をさかのぼって聞けるわけです。

それがついに今週始まったんですよー!!

radiko.jp

radiko.jp

  • radiko Co.,Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

おかげで「週末朝の爽やかなラジオ番組や、深夜の変なテンションのラジオ番組なんかを聴きながら出勤」なんてことも可能になります。出勤時、カーステレオにつないだiPhoneに入れたアプリで聴きたい番組をタップするだけです(運転前にね!)。簡単!

f:id:rito-jh:20161014161655p:image

職場に着く頃には自分のテンションも上がり「おはようございまーす!」と気持ちのいい挨拶ができて「お、りとくんきょうも元気だね!」とか「りとさんいつもハキハキしてて素敵!」なんてことがおきるわけですぐふふ。

まあ、冗談はさておき、ラジオを聴いてると「話し方」みたいなのが身につくのもいいことですし、ニュース番組に登場する専門家の方の話は飲み会での世間話では役に立ちませんが、職場でのちょっとした話題では重宝します。ぼくのビジネストークのスキルはラジオで磨かれてる気がします。結構仕事で身を助けてもらってます。

仕事をしてると人前でしゃべることって多いですよね。その時、無駄に長かったり、要点がどこなのかわからなかったり、「えー」「あのー」が多かったりってトークに出くわすことがいかに多いかって話です。書店にいけばハウツー本はありますが、「聴き心地がいいな」ってラジオを聴きこむことでも学べることのなんと多いことか!

 Radikoは無料ですが、有料会員である「Radikoプレミアム」に入って全国のラジオ番組を自由に聴ける環境を手にいれることはある意味「投資」ですね。お洒落なDJの選曲するお洒落ミュージックで「都会派」を田舎で演出することも可能です。TwitterとかSNSとの親和性も高いので(ぼく、Twitterを知ったのも使ってみようと思ったのもラジオでした)、タイムフリーがきっかけでまたラジオが熱くなればいいなー、なんて思ってます。

欲を言えば!

田舎は電波状況が悪いので、山間部なんかを気分良く走っていたら「ブツっブツっ」と切れちゃいます。なので、例えば「お気にいり」に登録したラジオ番組はダウンロードして1週間経ったら勝手に消えちゃう、なんて機能がついたら、発狂しそうなくらい喜ぶんだけどなー、なんて思っているいちファンでした。

これでぼくのお絵描きもさらに捗る!

はず。