読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せについて一緒に考える本「また、同じ夢をみていた」

本の感想

どうも!華麗に11連勤をこなしているぼくです。好きな仕事は積極的にこなし、嫌いな仕事は同僚でシェアしながら乗り越えてますが、それでも嫌いな仕事をやっつけるたびに貯めたストレスは隙間時間の読書で埋め合わせてます。やっぱね、生きてるからには幸せ追い求めないと!

そんなおり、「幸せとは何か」について小学生の主人公、菜乃花ちゃんが一生懸命考える物語だったのであまりに心に突き刺さってきたのが「また、同じ夢をみていた」です。

また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた

 

幸せについて考える子どもの話である以上、このお話はハッピーエンドで終わるはずです。そんな期待が、仕事をこなすサラリーマンには心のビタミンでした。 

菜乃花ちゃんは、周りのクラスメイトに比べると、かしこい女の子です。自覚があるためクラスの子達がバカに見える。そのせいでクラスから浮き、自分も周りに合わせる気がさらさらないのでそれでいいと思ってる系女子です。

そんな菜乃花ちゃんは、もっとかしこくなるために学校には休まず行くものの、授業が終われば真っ直ぐ帰ります。でも、菜乃花ちゃんは寂しくない。なんでかっていうと、放課後一緒に過ごすのが楽しみな「お友達」がいるからなんですね。

雨の日に助けて以来、放課後行動を共にしている悪女な野良猫の「彼女」。

クリーム色のアパートに住んでいて、すごく美人なんだけど表札が手書きで書き殴られていて、季節を売る仕事をしているという「アバズレさん」。

廃ビルの屋上にいつも一人でいて、手首を切って血を見ると落ち着くという女子高生の「南さん」。

森の中のおしゃれなログハウスに一人で住んでいる「おばあちゃん」。

この物語は、菜乃花ちゃんが日中の学校時間をため息をつきながらこなし、放課後になると水を得たように「彼女」と連れ立って、アバズレさん、南さん、おばあちゃんの3人のところに訪問し、学校の宿題で出された「自分にとって幸せとはなにか」っていうテーマについて、いろんなことを学びながら、ちょっとずつ成長していくって日常を追った話です。

なんかね、アバズレさん、南さん、おばあちゃんの描写が、おもひでぽろぽろとか、おもいでのマーニーの空気感なんですよね。そしてこの3人、読んでいくうちに、めちゃくちゃ意味深な言動を見せるようになります。菜乃花ちゃんが3人を見つけたのか、3人が菜乃花ちゃんに会いに来たのか。

読了後の幸福感がたまりません。そして自分も、置かれている環境や現場で、だれも自分を幸せにしてくれないから「自分は不幸だ」なんて思っちゃダメだな、って思わされます。ええ、たとえ11連勤だろうとも!!

どんなに嫌いな仕事を仰せつかっても、幸せを感じられるように自分でコーディネイトしなきゃなっていう、プラスな力をもらいました。作中、菜乃花ちゃんが口癖のように歌う歌があるんですね

「しあわせは あるいてこない だからあるいていくんだね」

誰でも知ってる国民的フレーズですが、改めてこの歌詞の奥の深さについて考えました。