読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族のありがたみをかみしめた日

えにっき

どうもぼくです。いやー、やっちまいました。久々に仕事で大きなミスをしてしまいまして、あの、よくドラマなんかであるような、商品を発注しようとしたら「0」を一個多めに入力しちゃいました、みたいなちょっとしたことでオオゴトになる系のミスでして、ホントに数日テンパりました。ご飯が喉を通らないわ、夜眠れないわ、寝れたと思ったら夢に見るわ、なんとか収束できたのですが、この期間、本当にキビシかったです。

こんなことにならないように気をつけてるはずなのに、それでもヒューマンエラーってどっかで必ず起きますよね。しかも以前書いてた通り、10月くらいから本当に忙しくて「やばいなーどっかでミスしそうだなー」って感じてはいたもので「こんなすり減る毎日が続くなら社会生活営むのなんか放棄したいよ」なんて気持ちになりそうです。さらに「普段からiPadやらApple Watchやらで武装してるくせにこんなミスするなんて!」とか脳裏によぎったりした日には、勝手に余計辛くなったり。

そんな自己嫌悪の底に落ちる中、家に帰ると普段と変わらず接してくれる子供たちに対して、涙が出そうになるくらい感謝の念を抱いてしまったぼくでした。

自分が調子いいときは、些細なことがあれこれ目について、イライラさせられることも多いのですが「思い上がりだったなー」と深く反省しました。「絵を描く時間が減る」とかそんなこと考えてた自分の器の小ささを思い知らされました。

家族を大切に思う気持ちを思い出させてくれるいい機会だったな。定期的にこんなミスも必要なのかもな、なんて思ったり…

しないですよ!仕事のミスなんてもうこりごりだよ!!

f:id:rito-jh:20161214134847j:plain

これからは、もう少しおおらかな気持ちになろうと思いました。