読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FINAL FANTASY15って別のタイトルででてたらもっと評価されると思う

ゲーム えにっき

それくらいみんなFINAL FANTASY ってタイトルに期待しちゃうんですよね。

発売日に買ったものの、晩酌程度ずつしか進めていないためまだまだ途中のFINAL FANTASY 15なのですが、楽しく遊ばせてもらってます。しかしネットでぼんやり眺めていると、なかなかに賛否両論が渦巻いている感じですね。

王族に仕える巫女一族の幼馴染との結婚を控えた王子様が、同じく友達のように育った家臣の家の子や幼馴染と婚前旅行に出かけたその間に、突如国が侵略され、みんなで力を合わせて国を取り返す話なのですが、昨今のゲームっぽく、国が一大事になってからも各地で起こるミニゲーム的ミッションに主人公たちが楽しく興じられるところが「王子様、国が一大事なのに何のんびりしてるの!?」って感じで、物語の雰囲気を壊してしまうって話です。

婚前旅行のくだりは「独身最後の自由を謳歌します」「帰ってきたら責任ある者としての使命を全うします」って感じですごく開放感と寂しさがありつつも、家臣や幼馴染と一緒の旅なので健全さもあり、とても良い出だしだと思いました。

それが、意外と早い段階で国が乗っ取られちゃうせいで、婚前旅行の雰囲気と王都奪還の物語がごっちゃになり、ちょっと勿体無いな、と感じました。

とはいえ、ゲームなのでいつまでも目的なく放浪の旅をするわけにもいかず、なのに映画のようなリアルな映像が深刻な状況と気楽な王子様たちの日常のギャップを浮き彫りにさせちゃって、これはさじ加減の難しいところだなー、でも、そんなところが新しいことに挑戦するFINAL FANTASYらしさだなーなんてファンとしては思ったりします。

ところで我が家では、以前奥さんが「ムービーを見たい」とぼくがプレイしている隣で眺めている話をしましたが、最近は子どもたちも、操作キャラたちが飛んだり跳ねたり戦ったりする様を見るのが楽しいらしく、一緒に座って眺めています。ぼくとしては、ゲームきっかけで映像や音楽、プログラミングなんかに興味持つ子になってくれたら御の字ですね。

「バトルが単調になりがち」との批判もありますが、そのおかげで簡単操作でかっこいアクションが繰り広げられるおかげで子どもたちは大はしゃぎです。車での移動など、ロードが長いって点も、その間にiPhoneでバトルのコツとか拾っとくべきアイテムとかチェックできてなかなか便利に活用させてもらってます。

f:id:rito-jh:20170109071239j:plain

そういった意味では、据え置きゲームから離れちゃった人が帰ってくるきっかけにはちょうどいいゲームなんじゃないかなーって気がします。

どんなゲームだって良いところもいっぱいあるので「金返せ」とか安易に飛び交わない世界がいいなー、みんなゲーム好きなんだから。やっぱそこはFINAL FANTASY って名前を背負ってしまったゲームの宿命なんでしょうね。昔、8が発売になった頃、友達が「これFINAL FANTASYって名前だからみんな批判してるだけで、ドキドキ学園とかそんな名前だったらみんな絶賛してるよ!」って言ったのを思いだしました。