読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XVがゲオに並んでいたのでレンタルしました

映画の話 ゲームの話

フラッとゲオに寄ったら、棚にずらっと並んでいましたよ!

 
現在FINAL FANTASY XVをプレイ中の方で、ミッションばっかりこなしすぎてやる気を失いつつある方や、オートドライブの待ち時間に辟易している方は必見です。

ノクティス一行が婚前旅行に出かけた後、旅先で王都が陥落したニュースを知るまでの間に起こった王都での物語がメインのお話でした。

こちらの主人公は、「王の剣」と呼ばれる王直属部隊に所属するニックスというイケメンと、ゲームの方はそろそろプレイ時間が30時間に届こうかとしているぼくが一度もお目にかかったことのない、ノクティスの許嫁のルナフレーナ様がヒロイン的ポジションで登場します。ルナフレーナが必死にがんばってる様が余すことなく描かれているため、「早く嫁さんとこに行かなきゃ!」という気になります。ココが最大の魅力だと思いました。

なんとなく自衛隊やアメリカ軍の抱えている問題を想起させます

「王の剣」のメンバーは、ルシス国の植民地から寄せ集められたメンバーのような設定です。「王直属部隊」と言いながら世間の風当たりは冷たい感じ。本人たちも「フォースと共にあらんことを」みたいなタイミングで使う合言葉は「故郷のために」といった具合で、国王のためではなく、生まれ故郷のために戦ってる感じでした。ぶっちゃけて自分の故郷が無事なら、ルシスだろうが帝国だろうが仕える相手はどっちでもいいって雰囲気を醸してます。

これは「高い志を掲げて」ではなく「他に仕事がないから」と志願してくる若者の多いアメリカ軍を連想させますし、どんどん自衛隊に入隊しやすくなっていく日本にも同じことが言えるような気がします。政治的イデオロギーな話をブログに書くつもりはありませんし、災害時の自衛隊員の皆様の活躍は本当に頭が下がる思いがしていると付け加えた上で、「うまいこと世相をとりいれているなー」と観入ってしまいました。

トリッキーなアクションシーンがかっこいい

そんな世相や政治色を味付け程度にしか感じさせないのはバトルシーンの圧倒的な映像のかっこよさですね!めちゃくちゃかっこいいです。「武器を投げたところにワープしながら戦う」ってスタイルは、そういえば今まであんまり見たことがなく、しいえていえばスパイダーマンがスパイダーネットを使いながら戦うスタイルに似てるかな?と思いました。洋画のアクションものが大好きな方は必見です。

 

最終的に王都が陥落することを知った上で見る羽目になる映画なので、ずっと悲壮感があるのですが、「だからこそノクティスに託されたものの大きさ」を感じられる物語になり、ゲームをプレイするモチベーションを駆り立てる、面白いメディアミックスだなー、と楽しませてもらいました。


【最新FF】KINGS GLAIVE / FF15 予告 ダイジェスト