妻が仕事を辞めました。財布が薄くなって笑顔が増えました。

こんにちは、りとです。

実は去年の年末に妻が働きすぎて体調を崩し、それを機に専業主婦にジョブチェンジました。

f:id:rito-jh:20161217090850j:plain

あ、壊れたのは心ではなく体の方で、しかも半年近く経った今ではほぼ全快していて、フルマラソンとか建築現場でセメントを運んだりとか人類存亡をかけた戦いに参加したりとかしなければ日常生活に支障はない状態なので安心して続きを読んでくださいね。

結婚して9年目、生活環境の変化でいろいろ感じたことがあったので綴ります!

心に余裕のある生活が送れるようになりました

ぼくは別に「女性は結婚したら家庭に入るべき」みたいなことは今まで思ったことがなかったのですが「めちゃくちゃ家庭が安定するな!」って感じました。顕著なところを箇条書きにします。

・妻の笑顔が増えた

ぼくにとっては一番大きいです。去年まで虚ろな表情の妻の顔を見る日もあって、心配されてることを悟った彼女から「ごめんね」なんて言葉を聞くこともあったのですが、今では嘘のようです。日々あったちょっとしたイベント(パンの移動販売を見つけて寄ってみた的なやつ)を楽しそうに晩御飯のときに報告してくれます。

また、着たい服をきてニコニコしている妻は、若返ったようにも見えます。

・子供の笑顔が増えた

うちの2人の子どもたちは、どちらも1歳になる前から保育園に通っていて、10時間近くを保育園で過ごす生活をしていました。「それが当然」と思っていたと思います。上は小学生ですが、学区内に住んでいる祖父母の家に帰り、夜迎えに行っていました。

それが、上は小学校から家に直帰し、下も保育園を退園してこの春からは幼稚園。昼過ぎに家に帰ってこれることを心から喜んでいるようです。「ああ無理させてたんだなー」と心から思いました。

・休日にのんびりする時間が増えた

平日に子どもの園や学校で必要なもの、そして生活必需品を買いに行く時間がなかなかなかったので、休日は朝から晩まで外出していました。これがなくなりました。今では休日の買い物はせいぜい、ぼくに一緒に選んでもらいたいものを見に行って、昼過ぎには帰ってこられるようになりました。

・ぼくの絵を描く時間が増えた

革命です。休日に一日中買い物に出かけなくなったってことは、そういうことです。涙が出そうなくらいです。

・晩御飯が豪華になった

もともと料理が趣味の彼女は、スーパーのセール品のスケジュールを細かくチェックし、手の込んだ晩御飯をつくるようになりました。太らないように注意が必要です。

・家が片付いた

インテリアとか2人して大好きで、昔から雑貨屋をはしごしていたぼくらは、妻の仕事道具が家から姿を消したことをきっかけに現在燃えに燃えています。やばいです。

 

ざっと思いつくだけでこんな勢いです。が、やっぱり心配なこともあります。

不安なこと

・子どもの夢が叶えられないかもしれない

しがないサラリーマンのぼくは、将来子どもに「一人暮らししなければいけない遠くの私立大学に通いたい」と言われたら「すまぬ…」と返さなけければならないだろうな、と思います。大学が増え続けてるといわれる昨今ですが、地方では主要学部が網羅されていない現状があります。

現在私立大学は4年で学費が500万くらいかかるそうですが、これはさらに上がっていくそうです。これで一人暮らしを支えようと思うと、もう無理です。

今から計画的に育てて誘導しなければな、と思いつつも、一方で「親の望みで進路を誘導してしまうな…」とも思います。難しいです。

・ぼくが倒れたらアウトです

考えたくはありませんが、ないことはないですよね。

まあ、情報さえ持って準備してれば家族が路頭に迷うことはありませんが、今の生活を維持することは困難になることは間違いありません。

とにかく、安全運転と痴漢の冤罪には今まで以上に日々気をつけようと思っている今日この頃です。

・無駄遣いが…

新しい一眼レフほしいんだけどなぁ

新しいクロスバイクほしいんだけどなぁ

新しいMacBookほしいんだけどなぁ

 

まぁ…家族の笑顔が何よりですよね!(男泣)

 

報告は以上です!