読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暖かくなってきたしジョギングのためにそろそろIngressをやることを勧めたい!

こんにちは。あいかわらずりとです。

最近暑くなってきましたね!そして朝日が登るのも早くなりました。朝のジョギングに最高なシーズンです。どうやらそう考えているのはぼくだけではないらしく、ここのところ同じように朝ウロウロしている人たちをたくさん見るようになりました。

過去に何度かブログで書いたように、ぼくはPokémon GOの兄貴分であるIngressをずっとやり続けています。もうすっかり習慣になってしまっていて、ステータスをチェックするとエージェント活動を500日以上途切れずやっているようです。

Ingress

Ingress

知ってる方には今更ですが、Ingressはポータルという陣地を取り合うゲームで、このポータルの位置をもとにしてPokémon GOはポケストップとジムが設置されています。なので朝ジョギングをしていると、ポータルで同じようにスマホをいじっている人に出くわすわけですが、ぼくのスキャナー(Ingress中はスマホの事をそう呼ぶ)の画面にはなんの変化もないので、他の皆さんはたいていポケモンをゲットしているのでしょう。

そんな今だからこそ敢えて言いたい!今「Ingressとジョギングの相性が最高に良い」と!

f:id:rito-jh:20160731064744j:plain

地方都市在住者は今Ingressしながらジョギングするとめっちゃ走れる

「ジョギングをしたいと思いながら続かない」なんて方でIngress未経験者は今すぐエージェントになりましょう。ついでに地方都市在住者はなお良いです。さらにベストは、地方都市のベッドタウンに住んでる方です。何が良いのか以下に綴ります。

・ポータル間が長いので走る

繰り返しますが、Ingressはポータルを奪い合うゲームです。ですが、地方のベッドタウンはポータルが少ないのです。なので、良い感じに「走る→ハック(ポータルに接触することをハックと言います)→走る→ハック」ができるのです。これはジョギング初心者の体力がない人にもってこいです。

・大きなフィールドを作るために走る

ここが重要なことなのですが、Pokémon GO以降確実にプレーヤーが減りました(ぼくの肌感覚ですけど)。なので自分の抑えた陣地を脅かすライバルも減っているのです。Ingressは自陣ポータル3点を繋いでフィールドという自エリアを作るわけですが「前日つくったフィールドが残っているので、今日はそれ使ってさらにでかいフィールドを作る」みたいな、マインクラフト的な楽しみがあるのです。まぁ、まったく誰もやってないわけではないので、たまに敵陣営にされてしまってますが、それを壊して回るのもまた楽しいです。

・自ポータルを守るために走る

これが今Ingressをすると楽しい一番の理由なのですが、なかなか自ポータルが破壊されないので「連続ポータル防衛日数」がカウントされやすいのです。ぼくは最高130日以上キープできたことがありました。もう数十日でレアメダルがもらえたのですごく悔しかったのですが、それはさておきIngressがブームだった頃は、この防衛日数でもらえるメダルのために「富士山の閉山日に山頂のポータルを奪い合う」なんて熾烈な戦いが巻き起こっていました(最後にポータルを手に入れた人は、次の山開きまでそのポータルを保持できるからです)。これが今なら家の周りでできるのです。一時期ほどの勢いがないからこその楽しみです。

ざっと挙げるとこんなところですが、ぼくはPokémon GOに比べて「ポータル間を移動する間はスマホを見る必要がない」ってところも好きです。ポケモン出現のように「移動中に突然なにかイベントが起きてその都度足をとめる」ってのは、若干ジョギングとは相性が悪いように感じるのです。また次のポータルまではスキャナーを気にすることなく、景色の変化を楽しめるのもいいです。

そうやって景色を見ながら走り、目的地に着いたら粛々とエージェント活動をこなし、ニンマリして次のポータルを目指す。そんなクールなことができるのがIngressです。

まぁ、マラソン大会に参加するような本格的に走ってる方からしたら「何を甘っちょろい事を…」みたいな話だと思うのですが「走りたいと思ってるけど続かない」くらいの方にはもってこいだと思うんですよ!Ingress

今日はそんなお話でした。では!